TOP > その他のニュース > 敵をつくる人、つくらない人は、どこが違うか | プレジデントオンライン

敵をつくる人、つくらない人は、どこが違うか | プレジデントオンライン

とくに攻撃的な性格ではないのに、まわりから反感を買いやすい人がいます。敵をつくりやすい人は、周囲から信頼を得ていないのでしょう。

ツイッターのコメント(63)

正論を振りかざすだけではダメということ。人間は、想像以上に脆くて繊細なのである。
ほうほう.. 一言の挨拶からか~
面白かった記事
行動の可視化
🔻🔻


こちら👉
🔺🔺
味方を作っていく事は、とてと大事だと思っていますので一つ一つの事を見た時^_^
敵をつくらないというのも大切ですね(^ ^)
いい記事ですね。
■部下との関係に悩んでいたあるマネジャー、机の上に全員の名前を書いた表を貼り、1人1人と会話したかどうかを毎日チェック、コミュニケーション量が増加。職場の雰囲気が明るくなり離職率も改善した。
気をつけねば…(´・ω・`)
白目 ほんとにこういうのすぐ読んじゃう。鵜呑みにするほどキマッてはないけどヾ(:3ノシヾ)ノシ
人間関係は難しい
ストローク理論の活用方法ですね。「敵をつくる人、つくらない人は、どこが違うか」
「単純接触効果」を目指し、小まめな声かけ・やり取りが信頼関係を形成していく上で重要か。そして、「1か月で自分を変えようとしない事」とは。
普段からコミュニケーションとらないと、頼みごとがしづらい。/
なるほど、、、
敵をつくる人、つくらない人
これもそうだねえ→
まず思考を可視化して計測 /
<まず思考を可視化して計測すること>考えたことなかったなあ。いいかも。||
傍観者でいても実は嫌われてるかもね。勝手に敵とか思われてもメンドクセ /
>「発言内容は関係ありません。敵をつくるかどうかは、信頼関係しだいです。まわりから信頼される条件はいくつかありますが、なかでも大切なのは、相手を褒める気配りで」
敵をつくるかどうかは、信頼関係しだい
読む、参考に /
無理をせずに1~2年かけてじっくり行動を変えていったほうが、いい関係を築ける。 /
好き嫌いや、好かれている好かれていない関係なく、特に話題がなくてもだれにでもできる「挨拶」、「いい一声をかける」相手に関係なく続けていきたいです。
部下を持つ皆さん、部下とのコミュニケーションが自身の自慢話になってませんか?
>仲良し子よしばかりでも行けないと思うけれども・・・
「信頼関係はコミュニケーションの量で決まる」って話はわかるけど輪ゴムとか毎日チェックとかやり方に微妙にセンスを感じない / - プ…”
- 職場の摩訶不思議10篇: とくに攻撃的な性格ではないのに、まわりから反感を買いやすい人がいます。敵をつくりやすい人は、周囲から信頼を得ていないのでしょう。
以上
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR