誰も指摘しない教育のタブー「子供の格差」を引き起こす親の経済力以外の"ある要素" 「教育格差=親の所得格差」という考えが問題の本質を見えなくする | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(119)

| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

この記事か

結局ブルデューの文化資本の話に似てくる
「貧しい暮らしの中に根深く共有されている習慣や文化や価値観こそが、そこで暮らす子供たちが得られる教育の質的・量的な乏しさをつくりだしている」
「教育格差=親の所得格差」貧さの中に負の連鎖があって、親の無関心が大きく影響してると思う。机が無い事、勉強する環境が無い事が経済力だけの問題じゃない。
これは盲点でした。大切なことだと思います。
勉強は公平。努力は報われるし、貧乏であっても勉強できれば逆転できる。
>「お金がないから」という、なにも言っていないに等しい無難な議論で終わらせていては
えー。
40年以上前から指摘されていて研究が進んだ結果、今では一般常識的に知られている話では。
それに慣習や文化の前に、お金の問題が先にあるのだから、まず経済の話をするのは当たり前。

文化資本のお話をしています。教育社会学では常識になっている話です。
家に何冊本がありますかという質問で、調べていることがあります。
運動選手の子供が運動選手は多くの人が納得するのに、知能に関しては納得しないのはなぜだろう?
ちょっと違うかもしれないけど、昔女芸人が子供産まれたから勉強する子になって欲しいできれば東大入って欲しいって偉い教育の専門家かなんかに相談する番組思いだした
親が勉強してこなかった、勉強の仕方も分からないのにいきなり子供が東大いくのは無理って話だった
文化的側面から見るとその通りなんだけど、そもそも「脳の個性は遺伝する」のでタブーを取り払いたいならそこから考えないといけないのよね🤔
基本的にここの記事って嫌いなんだけど、これは正しくそのとおりだと思う。
「子供の格差」を引き起こす親の経済力以外の"ある要素" ブランドものの財布は買うが、家にパソコンが無い。親類が子供の教育に金をかけようとすると、なんなら全力で邪魔をしてくる。そういう層がいるんだよ
「教育格差=親の所得格差」ではない!真実。逆にお金持ちは勉強する必要ないし。
東大家庭は続くし、逆に学歴なくても楽しく生きてる家庭も続く。

貧困で勉強出来ない人達と東大云々は全く別問題でしょ。
たまたま、エアルポルトで話題にあがったことに近い話が記事になっていた。
学ぶということへの共通認識がないって事が教育格差を生むという視点。ヒスる方いるだろうけれど事実でしょう。そういう意味では全寮制学校ってのはこの問題の解決策だったんだなぁと思う。
ドラゴン桜でも親が子供の目標を馬鹿にせず協力することの大切さは説いていたがまず貧困層はそのハードルも高いような。
でも息子の友達の高校中退しちゃった子がそれなりの給料を貰って自立してんの見て、それも日本ならではだと思ったわ。
貧困層の文化的貧困はずっと前から指摘されているように思います。だからこそ、こどもの居場所ではクリスマス会などを行います。家で一度も行ったことがない子がいるから。

勉強は『宿題をする』ところから習慣付ける必要がある子も多いです。
教科書に載っていない日本の歴史!と同じレベルだとしか
つうかそれはBoP的に「中流」意識として浸透してたからモラルある日本人が形成されてたんじゃ
社会学的にも、家庭の文化差は要因とされてるのでは。
これ、逆説的に言うと「金ないやろお前、お前貧乏や」と言うのは、日本では最早差別的ですらないという事にならんか?
私の家はそんなに裕福ではなかったけど文化には理解があり、小5の夏に学習机を買ってもらった。それが「個の時間」を持つキッカケになり、塾にも行かずアマ無線やりながら大学までいけたのかも。
格差のこのような本質はこの議論に含まれていると考えていたけどそうではないの?
>
内容に異論はないが、どこが「誰も指摘しない」なのか意味が分からない。タイトルを本人が付けてるかどうかというレベルではない。参考文献のあげかた知らないのかな。
これ一理あると思う(全面的に同意するわけではない)
「誰も指摘しない教育のタブー」とはどんな凄いことかと思ったら、これまで何度となく見聞きした話で、ちょっとがっかり。
「貧しさは(略)慣習や文化こそが原因だ」はごく常識的な指摘だと思うので、タブーというのがよく分からないです。 |
これか。まあいかにも煽り・釣りっぽくてちょっとあれかなあ。
白饅頭にしては、大変まともなことを言っている。「誰も指摘しない」どころか広く認識されてるけど。
また白饅頭さんの記事か。この方の言ってることはちょいちょい共感できるんよなぁ。
「勉強してこの環境から抜け出そう」という8マイル的な発想が生まれづらい話。
>「リソースを10投資すれば、リターンは10返ってくる」

この経験を有すると、がんばる原動力になる。経験が行動を変える。ただし、家族が安全な環境を与えない場合はこの仕組みが育たない。
団塊の世代だと、リンゴ箱を机にしてたとかって話を聞くけど、今はそんな時代じゃないしなぁ…
ヤングケアラーも問題として表面化してきましたしね。この記事では言及されていませんが。本校生徒たちにも机がない、家にWi-Fiが飛んでいない、スマホは格安で通信容量が少ない、だからYou Tubeで勉強できないetc
本来その欠けた部分を担うはずの公教育が揺らいでる上に、公教育にも格差が出てるのよね……
母は本を読んでいると家族から奇異の目で見られるため、トイレで読んでいたらしい。
これ。
教育格差 = 金 なのは、どんな莫迦な子でも金で縛っとく仕掛けが買えるからであって、本人の「努力する能力」「勉強する習慣」があれば、金はいらない。

……
小学校低学年のころ、同級生の家に机がないのはザラだった。うちは〇〇学習デスクっぽい机を親が奮発して買って、物置を半分片付けたスペースに置いてわたしの部屋としてくれた。
いろいろツッコミどころあるが「家が近かったから」は東大生同士でもマジの喧嘩になりかねん
ガリ勉なんて言葉を造る日本な🤔最終的に我が身を救うのは教養しかないと思っている
「誰も指摘しない」……?教育学者や社会学者が50年くらい前から指摘しているのでは.......?
「教育格差=親の年収」は本質を見えなくする、に激しく同意
貧乏な家庭に1億円あげたところで頭の良い子が誕生するわけではない
成金バカが誕生するだけである
食習慣もよね。
勉強する人を尊重しないという態度はやっぱり学力低下の原因の一つにはなるよな…
学歴は遺伝するかという問いに「低学歴な親を持つ子供に良質な教育を与えてみる」という実験があって、見事に失敗する。さらにその逆に「高学歴な親を持つ子供に不良な教育を与える」実験ではそこそこの大学に行く。環境はあまり問題ではない。
白饅頭は今頃さも自分が発見したかのように文化資本の話なんかして恥ずかしくないのか?

「車輪の再発明」の典型例

言論人として価値のない人間だ。

こんなものを載せるブレジデントも恥ずかしい。
「誰も指摘しない」って書いてるけど、これて「文化的再生産」のことではないの?
この記事中で語られる机云々こそが、松岡亮二先生の指摘する家庭環境のことで、それが「タブー」なんだろうか?
 
PR
PR