旧統一教会元信者が解明「夫と長男が自殺し、次男が元首相を殺害…それでも信者を続ける母親の"頭の中"」 「神の言葉に反したら、神の子になれず、地獄にいく」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

山上徹也容疑者(41)の母親はなぜ、旧統一教会への入信を続けているのか。元信者だったジャーナリストの多田文明さんは「夫や...

ツイッターのコメント(18)

『自殺しろ民衆は党』
山上容疑者のお兄さん、赤木さんをはじめ、
毎年何万人もの人を
弱者を作り叩く政策・社会造りと自民党を繫栄させる為に、苦しめ、自殺に追い込んでいます。
次男の精神鑑定より母親の精神鑑定・治療が必要。
信じたものが誰かが作った教えだ。それに縋る精神、刷り込み、自分の無さか。
徹底した情報収集、
刷り込み教育、
マインドリーディング、
ダブルバインド、
催眠誘導、
奉仕と献金、
ひどい
更生施設が無いと無理だと思うね。何かしらの精神疾患状態だし。しかし与党がカルトだと放置か。
マインドコントロールが解けたら精神が崩壊するかも‥彼女にとっては今のままの方が良いのかも‥
この記事はめちゃくちゃ面白い。すべての宗教2世は読んでおくべき。
多大な時間とお金を費やしてしまったのだから抜けられないですよ。
実際の手口の解説
一度取り込まれたらまず逃げられない
違和感を感じたら即逃げるべき
村上春樹の1Q84みたいに事件に至るストーリーがあるんだな。
組織がマニュアルに沿って人間の脆弱性を突いてくるんだから個人で抵抗するのは無理ですよ(それこそ自爆テロでもせんと)。自分達も組織にならないと戦えないでしょう。
“ 元信者だったジャーナリストの多田文明さんは「夫や長男の自殺といった家族の悲劇や、次男による凶行事件は、母親が宗教にのめりこみさえしなければ避けられたように思います。母親自身もそれを理解しているはずですが、頭の中は完全に教義につかっており、簡単…」”
家族の悲劇は母親が統一教会にのめりこみさえしなければ避けられたものも多い。
「受講生はそれまでに受けたビデオによる勉強会などで感想文を書き、その時に話をした内容は…略…本人の悩みを含めてストックされていて、個人情報は組織内ですべて共有されています。…毎日のように、「どうやって信者にしていくのか」という会議が行われます。」
容疑者を肯定はしないが、この日本の社会の現状に疑いと否定感をもつ
「マスコミはすべての真実は話してくれません。今まで接してきた人たちがそんな悪い人たちに思えますか?」と切り返します。(中略)イエス・キリストのように、真実を話すものは言われなき誹謗中傷を受けるものです」と諭すのも常套手段でした。↓
以上
 
PR
PR