「ついにBMWを凌駕するか」マツダの新型SUV「CX-60」の技術、燃費、装備がすごすぎる 質的に今までのマツダ車のレベルを大きく超えた1台 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(15)

もっと褒めてあげて。でも「走る歓び」と「駆け抜ける歓び」は優劣付けるものでもないね
直6良いなぁ
初めて買った車はL6だったなぁ…
マツダを筆頭に日本自動車メーカーの内燃エンジンの性能は既にドイツメーカーを既に凌駕している。
CX-80を期待して待つ。マツダのFRに乗れる日が来るかもしれぬ。
mazda3の直6FRは直ぐそこにありそうで待ち遠しいハート
もし買い替えるならこれ一択になるかも🧐
素晴らしい!
上から目線で売ってこなけりゃいい車だと思うよ
本人はそういうつもりじゃ無いんだろうけどね
プレジデント・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
「メルセデスベンツGLCには6気筒ディーゼルモデルはなく、4気筒で768万円だ。装備もCX-60のほうが圧倒的に充実しており、CX-60の6気筒ディーゼルモデルのお買い得感はすさまじいものがある。」
日本勢頑張れ!
…っとは言っても欧州車と日本車だとコストかけてる部分が違う印象がある。

BMWって走行性能ガン振りの印象。
流石に厳しいのでは? (っと言いつつ期待してる)
試乗してみたい
カッコイイすな
以上
 
PR
PR