世界有数の宇宙飛行士でも、給与は普通の職員と同じ…野口聡一さんのJAXA退職が示す「日本方式の限界」 JAXAを辞めなければ、次の飛行のチャンスはない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(15)

こういう所に日本社会の闇を感じる…
「オードリーのオールナイトニッポン」6/18に出ていたときのお話しはとても愉快‼️。
なかなか興味深い記事。
へえ、あんまりもらってなかったんだ。まあ、伸びきったゴムになる前にということでしょう。
【ここにも日本的雇用の限界】 PRESIDENT Online 「みなし」とは言え公務員としてしか扱われない「日本の宇宙飛行士」
JAXAの宇宙飛行士のキャリアや報酬に関する良記事です。文字通り命を賭けて行う仕事ですが、報酬は意外と少ない(「宇宙飛行士手当」以外は他の職員と同じ)のが印象的でした。
「普通の」職員扱いをしちゃいけない相手ですよね?
見つけた記事:
マルクス兄貴を過去からお連れして
革命を起こそう(アカの手先)
どうしてこの国は、あらゆる分野で給料で報いようの何が何でも思わないのか...
← 特務機関NERVの人達も給料をたんまりと貰ってるわけでは無さ気。人類の存亡賭けて使徒と戦ってるのに半分以上滅んでる世界で儲かってるのはやっぱりテレビタレント?六分儀ゲンドウ得意の情報工作である日突然日本の不労所得既得権益者が全員謎の失踪遂げてそうなのだが。
あれ?山崎直子さんがいない?
まあ、そうだろうね。
やってる「仕事」は評価の対象にならないもの。
---
以上
 
PR
PR