田中角栄が50年前に「新幹線は300キロが限界、早くリニアを敷設するべき」と正確に指摘できたワケ 宴席でも酒は飲まず、午前2時から資料を読み込む | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(15)

とりあえずリニアはさっさと開通させてほしい
名宰相だな。結果的に中国の覇権主義を支援することになった日中国交正常化は過ちだったけど。
子供のころ、吃音症を克服するために、毎朝、畑で六法全書を読み上げるうちに暗記してしまった。
宴席でも酒は飲まず,午前2時から資料を読み込む


田中角栄は1972年の『日本列島改造論』でリニアモーターカー方式で新幹線を整備すべきとしている.なぜ最新技術を把握できた?
角栄ならあの静岡県知事に何て言っただろうな。→
何が言いたい記事なのかと思ったら本の宣伝か。鉄輪の限界とリニアへの期待なんて、当時普通に言われてたことじゃないか。国鉄の建設畑から吹き込まれたんでしょ。
頭の良さと学歴は関係ないことを具現化している。昔の自民党には、知の巨人がいた。
同じ金まみれの人間であっても、安倍晋三を始めとする現在の世襲議員とは、雲泥の差だ。
まだリニア新幹線とか言っていては、何も分かっていないですね。確かに私が子どもの頃は鉄道の速度は時速300kmくらいが限界と言われましたが、今はもっと速いのもありますよ。
アホか、東京ー大阪間が2時間半、リニア使って1時間半。そのために新駅建設が必要ならリニアにどれほど意義があるんだ。20年前に作った田舎の飛行場が今どうなってるんだ。
日本のトップは下々に調べさせ、原稿を書かせて読むだけの人に成り下がった。1番無能な人が君臨する国になったわけだ。

角栄はすべて自ら動き、日本を世界に恥ずかしくない国にしようとした。やり過ぎてロッキード事件もあったが。
こんな政治家は二度と出て来ないだろう。
夢があっていいと思う
田中角栄氏が如何に偉人であったかはこれ以上言葉を継ぐ必要は無いと思う。

リニアを南西諸島まで海底トンネル又は高架橋で繋ぐと言うのは実現性は脇に置き、夢の有る話です。
まるで手塚治虫の「マリン・エクスプレス」だ。
だがその夢には中国のどす黒い野望が立はだかる。
以上
 
PR
PR