「表示が0.1秒遅れると、売上が1%減少する」絶対王者アマゾンがやっている"すごすぎるデータ分析" だから豊富な商品が、格安で集まる | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(13)

「表示が0.1秒遅れると、売上が1%減少する」絶対王者Amazonがやっている"すごすぎるデータ分析" だから豊富な商品が、格安で集まる|PRESIDENT


「顧客をその人にとっての宇宙の中心に置いて考える」ことこそが、パーソナライズである
「表示が0.1秒遅れると、売上が1%減少する」を机上でグラフを書いてとにかく早さを求めるのは結局人依存です。

「表示時が0.1秒遅れると売上にどのくらい影響があるのか」をデータから理解し、改善をしていくのがデータドリブンです。(それができるのがAmplitudeですw)
工務店のホームページは表示スピードが遅くなりがち。画像サイズ調整するだけでも改善される
これ本当なんだろうか?傾向としては正しいと思うけどこんなきれいな線形になってるのかなあ。
ECサイトで表示が遅いのはユーザーのモチベーション低下はもちろん、決済を含めた裏側のシステム性能不足を想起させ、余計な不安を与えてしまう。
更に予約や決済後は気持ちよく帰ってもらう(離脱してもらう)と、お客さんの満足度は上がりやすい。
アマゾンが成長を続けるために大切にしている3要素

①API標準の徹底
②ID活用・標準の徹底
③行動に基づく受益者へのフィードバック(顧客、サプライヤー両方)
改めて見ると、これはめちゃくちゃ大事な観点。
久しぶりにこの内容に触れたけど、時折振り返ると良さそう。
案件?最近はアマゾンよりヤフーや楽天の方が安いなんてザラだけど?特殊な部材の品揃えはアマゾンに一日の長があるけどね。

だから豊富な商品が
手軽に素早く商品が見れて、購入までのページ遷移がスムーズじゃないとイライラするし不安にもなる。ECサイト立ち上げの参考になります。
はい、スピードも命です
以上
 
PR
PR