精神科医・和田秀樹「複雑性PTSDなんかではない」眞子さまの本当の病名は【2021下半期BEST5】 宮内庁は苦しむ患者を追い詰めた | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(29)

精神科医・和田秀樹「複雑性PTSDなんかではない」苦しむ患者を追い詰めた
おそらく適応障害...
⚡️今読まれています⚡️
☑複雑性PTSDとは、悪口レベルの外傷的体験ではない
”わがまま性適応(しない)障害(もどき)”

宮内庁は苦しむ患者を追い詰めた。
<2021年下半期で反響の大きかった記事ベスト5>
精神科医・和田秀樹「複雑性PTSDなんかではない」 私も和田秀樹先生のご意見同意でござる。 結婚したら治るなんて DV夫かどうか結婚しないと分からない。体のいい家出
藤原氏御都合主義の古事記も!皇武我欲の南北朝時代、紆余曲折の天皇家皇室世襲制の崩壊の始まりか!?日本の大王は誰
奥が深い
というか
根の深い闇
って感じ
心の病気や障害って目に見えないし軽視されるのは分かるけど、あれはないと思うよ。
虐待、複雑性PTSD、被害者の保護(隔離)、被害者・加害者双方のケア、日本の精神科の問題などについての記事。
日本経済新聞
本質的な事を論じてない(¬_¬)
記事のタイトル下手くそすぎて【2021下半期BEST5】っていう病気みたいになってるの草
眞子さんが複雑性PTSDでないだろうということはほとんどの国民が思っていること。今さら何が言いたいのでしようか。⇒
精神科は科学じゃなく文学
精神科医は医者じゃなくポエマー
良くぞ実名で堂々と正確な意見を発表して下さいました、他所の国にいる人にも届けたいが、逃げた後なので、残念!
結婚できて、ニューヨークへ逃避できたら治っちゃったのかな。
自己愛性人格障害。ナルシスト。
NPD (Narcissistic Personality Disorder)

この医者に虐待被害者の本物C-PTSD患者が見てもらうとどんな名前がつくんやろう?こんなヤブ医者には行かんけど。
この医者も自己愛か、サイコパスやろね。
一般庶民は と忖度による特別待遇が当たり前の環境で育ったお嬢様の単なる「我儘病」だと思っているよ!
本当に苦しんでる方々に失礼すぎる、大夫も971庁もしっかりせいっ!
渡米後、小室眞子が複雑性PTSDの治療を受けているの報道なし。
そもそも、小室眞子は、学習院では、同級生の背中を蹴りを入れて転ばし、それを指を指して笑っていたとの同級生の親の証言で、複雑性PTSDを発症していたとは、考えられない。
病名は「ワガママ」だろ?それとも「世間知らず」かな。
小室眞子は日本国民一の『クズ』
プレジデント・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
病気じゃなくて只の我儘だろ(笑)
あの環境でPTSDなんてありえんわ。
ただ、国民を黙らせようとしただけでしょう。
ズバリ、結婚が世間に認められないからスネただけだろう。
夫も最近微妙だし、大丈夫かねこの夫婦は。
NYで通院している様子もなく、家事もせず元気に豪遊してるようですしね。
外務省からの金で。

そもそも複雑性PTSDだと診断書で出したわけでもなく、後になって「PTSD『のような症状』」に言い換えてるよね。
不眠があってうつ病と言うようなもの。
診察もしてないのに勝手に病名を否定するのは、診断した精神科医に失礼だと思いますけどね。
以上
 
PR
PR