「2040年、日本人は医療を受けられなくなる」経済学者が突きつける不都合なデータ このままでは維持できるはずがない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(12)

社会保険料↗️
これ母親の医療費を精算した時めっちゃ感じた。。
孤独死よりも自分が癌で死ぬ時の最期に緩和ケアも受けられなくなるのが怖い
これからはいかに病気にならず健康で過ごせるかをアドバイス、指導できるかがカギでしょうね。何がなんでも延命させようとするのも見直したほうがいい。
「 このままでは維持できるはずがない」
日本が詰むまで20年切ってるやん😱やはり氷河期世代が老人になった時に社会保障制度も崩壊するのね😭

社会保障給付費はいまの1.5倍の190兆円にまで膨らむ
そんな気がする。コロナに対応しきれない現状を見ると。
間近に迫っている大問題だがきっと政府は直前に対応するんだろうなぁ
“医療保険では財源の約4割、介護保険では財源の5割が公費でカバーされています。”

公費が投入されているのはとても良いことですね。
これからは公費の割合をさらに上げて行くことが大切です
介護が就業を抑制するという研究結果もあり、今後、要介護等者が急増する中では注意が必要です

そのほか、介護における問題については、老々介護、ダブルケア、孤独死といった問題も取り上げられています。今後、介護を巡る問題はより一層、深刻さを増すことが予想されます
長期の医療行為が必要な方の入院日数が長過ぎる。。
受け入れられる施設の不足や在宅医療ができる環境にないことが原因。。
日本の医療・介護制度はこれからどうなるの
以上
 
PR
PR