「緊急時の対応策はコロナが終息してから」岸田政権のあきれた責任回避術 第7波が来たらどうするつもりか | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(11)

「『旅行はどうなのか。良いですか、悪いですか』――。衆議院予算委員会で質問に立った立憲民主党の長妻昭・元厚労相は、そう疑問をぶつけた。これに対して答弁に立った山際大志郎経済再生相の答弁は何とも煮えきらないものだった」
まさか、こんな自公連立に投票してないですよね?www
岸田流の責任回避術「のらりくらりと回答を避ける」
緊急時対応策はコロナが終息してから。岸田政権の呆れた責任回避術。緊急時に国が強い権限を持てるように法改正して備える発想にも関わらず、それが6月に先送りされている。もし今以上の危機的な事態が起きた場合、後手後手の対応に終始せざるを得なくなる可能性が高くなる。
こいつほんとwww
ゴマすりネズミの成れの果て、死ねよ
どうするつもりか!? 首相選挙前の意気込みや方針はどうなったのじゃ?! ?
責任を取らないリーダーは無用だ❗️
コロナが終息してから対応策を取る?何を言っているのか?対応策?そんなの今すぐ全国民に毎年毎月の一律給付金の支給をするに決まっているでしょ!
スピードが命!
何もしないのがもっとも下策。
結果は歴史が評価する。
以上
 
PR
PR