「落語家の前座修業はパワハラになるのか」弟子にやめられた師匠が悩んで出した結論 師匠談志を訴えたら勝てただろうか | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(15)

"前座修業という過酷な厳しさを経ないとプロにはなれなかったと。プロとはプロセスなのではないでしょうか。だから私はプロを自称する人たちが苦手なのです"

深いすね。
>「お前に対する小言は、あくまでもお前の言動に対する小言であって、決してお前の人格否定ではないからな」
結局これを理解される信頼関係があるかどうかなんでしょうな。

「落語家の前座修業はパワハラになるのか」弟子にやめられた師匠が悩んで出した結論...
「お前に対する小言は、あくまでもお前の言動に対する小言であって、決してお前の人格否定ではないからな」
なんだりかんだり一括りにされるのはタマランチDAYONE。。

「落語家の前座修業はパワハラになるのか」弟子にやめられた師匠が悩んで出した結論 - プレジデントオンライン
今の新弟子は「29歳の若者」なのか
しかも両親の面接付き
落語界のイメージそれだけでも変わったわ

落語家の前座修業はパワハラになるのか」弟子にやめられた師匠が悩んで出した結論
うーん、時代ですかね?
パワハラの前に。日常生活に侵食してくるストレス負荷が心身を蝕みますよね。個体差があるから違いが生まれるだけで。
>「今の言動はパワハラ案件かもな」という自己チェックを怠らないようにいたいものです。

この姿勢は大前提ですね。4月から中小企業も義務化でしたね。

落語家の前座修業はパワハラになるのか」弟子にやめられた師匠が悩んで出した結論
フォローって大事だよなと北風と太陽な修行時代思い出した…在家時代は北風のみ、山の修行は両方
宙ぶらりんの今は誰もいない…
紙一重」という三文字を思い浮かべた。
只今、前座修行中の若手に真相を、確かめてみたい。そんな暇葉無いだろうけれども。
「お前にここにいてくれと頼んだわけではない」

どーしてこれを言っちゃダメなのかわからない
死ぬから?
だからね…上司や師匠も
パワハラ正当化してる以上は
弟子が辞めないようにも厳しい
パワーを浴びせるべきなんだよ…
逃げられたらラクできる師匠が馬鹿
パワハラが正しい世界ならばこそ
パワハラを何十年続けるからこそ
逃げる弟子をひっぱり戻さないと
弟子がやめました。両親を交えた面接をし、コ
以上
 
PR
PR