「習近平氏ですら打つ手なし」中国の不動産バブル崩壊が避けられない"これだけの理由" 中国の経済成長は「もう限界」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(16)

このじいちゃん68歳だからあと10年以内に中国はパンクすると予想。
中国がパンクし終わったくらいで日本が再浮上できると思う。
シージンピンのまわりは日本の大臣と比べ物にならないくらい優秀だから、策は考えてると思うんだけど、どうするつもりなんだろうな。
>残されているのは
これまでの中国の奇跡の経済成長を、
人口ボーナスとともに無理やり支えてきた不動産価格の高騰の落とし前を
どうやって国民に付けさせるかという問題であるが、
平和に決着することはできないだろう。
中国経済はこれからも拡大を続けるのか。元みずほ証券シニアエグゼクティブの土屋剛俊さんは「不動産大手・恒大集団の経営危機は、不動産バブル崩壊の予兆だ。
金融システムは中国政府が抑えているので問題ないかと<
さぁ、新興国が経済的に袋小路に入った場合、歴史的にどんな手を使っていたのか。
正気を信じてはならない。
習近平主席は最初からハードランディング路線でしょ
楽観論は金融機関やマスコミの見解
問題は、崩壊の影響がどこまで広がるか?
日本にはどれだけの影響がでるのかな?
中国人が購入したマンションやリゾート施設が結構ありそうだし。
良記事。
これ以上わかりやすい中国の不動産市場の分析はないと思う。

習近平氏ですら打つ手なし」中国の不動産バブル崩壊が避けられない"これだけの理由" | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
不動産業界への資金流入を制限しているのは習近平その人。バブルが崩壊しても予定通りなだけで、この分析には崩壊後のシナリオが書かれて無いからあまり参考にならない。
中国は、バフルだといいながら、長い間延命してきたが、最近では、公務員の給料まで、過去に遡って戻せっていうぐらい大変な事に
投稿時間:2022-01-25 17:38:14
「習近平氏ですら打つ手なし」中国の不動産バブル崩壊が避けられない"これだけの理由" -
中国経済はこれからも拡大を続けるのか。元み
以上
 
PR
PR