まもなく「病院では死ねない時代」がやってくる…いま知っておくべき「在宅死」の本当の姿 医師も看護師も遠慮なく変えていい | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(8)

いま年間で70数%の方が病院で亡くなっていますが、これから在宅や介護施設での看取りに切り替わっていく流れなので、思ったとおりの最期を迎えるためにも、早めの準備と情報収集は欠かせませんね。
「人間到る所青山あり」とは言うけどね…
よほどの緊急時でない限りは患者宅を訪れず、看護師や薬剤師に薬だけを届けさせるという「訪問医」もいるそうだ。希望をもっている患者に対し、「この病気は何年しかもたない」など心ない言葉を口にしたり、患者の要望に対し「無理でしょ」とすぐに決めつける医療従事者もいる
すこし思ってるものと違ったけどありえる話だな。
死に方の記事は本当に沈鬱な気持ちになる。
叶うならば、最期の瞬間を選ばせてもらえないものだろうか、、、
患者が苦しむも医師は電話に出ず 在宅診療で家族にトラウマ「地獄でした」
この国の医療は、「在宅」がキーワードになっていくのは間違いないですね。
以上
 
PR
PR