「喫煙や放射線は直接の原因ではない」ヒトががんになる"最大のリスク因子" 全員ががんになる時代がくる可能性 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(14)

・・「加齢」は避けることはできないが、喫煙は予防可能な危険因子。タバコ煙等はDNAに損傷を与え、細胞の結合組織分子を傷つける。
あるがんの「適応療法」も、これと似た考え方なのだと思う。社会や組織についても同様に、少数の「異分子」「非主流派」「反対派」などを排除せず、多様性を維持することがレジリエンスを高めることにつながるのだろう より🙏
「私たちは一定の年齢に達するころには、体中の細胞が複数の変異を抱えるほどになっている。その変異の多くはおそらく、ドライバー変異だ。つまり、私たちの細胞は一つ残らず、いつがんになってもおかしくない状態にある」
がんの最大リスク:加齢
現状:色々研究中
対策法:適当なとこで死ね

老後老後って言ってるけど、私に「老いた後」はあるのだろうか。
そこに尊厳は、健康は、楽しみは、幸せはあるのだろうか。
生き方と同じくらい前向きに死に方も考えたい。
とても興味深い内容。
私ら?世代は無関心ではいられないよね?
面白い記事みっけ😆💕
ガンは出来たり消えたりを当たり前に繰り返しているので、適切な食事、体調管理、運動で健康維持!というお花畑な考えをしております。
コロナ騒動にも、当てはまるよね
以前、日本人にガン患者が増えたのは平均寿命が増えたからだと聞いたが、それは正しい情報だったワケだ
5~60代までは肝臓病、それ以降はガンが多い気がする
自分は肉の発色剤として使われている亜硝酸ナトリウムを接種しないようにしています。反応しやすい性質なので発がん率が高いとのこと。
それが「年齢」であれば、アンチエイジングはがん防止に役立つということで、プチ断食はそれなりに効果あるんでしょうね
>がんの唯一で最大のリスク因子は「年齢」
仕事の視野を広げるには読書が一番だ。書籍のハイラ
以上
 
PR
PR