「ビル・ゲイツも30年以上やっている」一流経営者がこっそり続けている"情報断食"の効能 ノイズから離れて良質な思考をする | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(10)

月に1回、まる一日かけて断食をする。水と白湯しか飲まない。PCもスマホも見ない。頭の中を空っぽにして一日過ごす。食べないより考えないほうが難しい。
一回のインプットは25分。確かに区切った方が効率よくまわせる実感ありです。
情報が溢れかえっている日々をリセットする機会は、意図的に作らないと無理だと思います。パソコン、スマホなどから離れ、超アナログな時間を持つことが、情報に振り回されず「自分と向き合う時間」を確保し「一旦、落ち着く」ということにつながると感じます。
「ノイズのない世界で良質なインプットや整理、アウトプットの準備をすること」
「仕事で成果をあげるためには、普段より、情報を含めあらゆるノイズを断ち切る時間や場所をつくること」

→個人的にはワーケーションはこの視点を取り入れたプログラムが必要だと思います。
芸術家はノイズという都市の声をホワイトノイズとして聞き脳を活性化させる。ホワイトノイズがインプットならノイズ断ちはアウトプット期間か。
記事自体は良いと思うんだよね。

このタイミングでビル・ゲイツの話が出るのは世界人口10億人計画で堕ちた評判を回復させる為ではないかと思うんだよね。

⬇️⬇️
日本のビジネスパーソンに圧倒的に足りないもの。それは、一人になってじっくり考える時間である。会社と家庭以外の第三の時間を強制的に作るべき
スケジュール帳を埋めるのではなく、空欄をいかにつくるか。
半年に1回...
「ひとり時間の足し算が自分をつくる。」

素敵な言葉だな。
「ひとり時間」をもっと大切にしていきたいと改めて思った。
いいアイデアを練るにはどうすればい
以上
 
PR
PR