MBA人材の限界…企業の人事部が今"美大卒人材"に注目するこれだけの理由 レンガの使い道をいくつ思いつくか | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(11)

これまでの在り方に疑問符を投げかけて抜本的な改革を進めていきたいと思う企業は多いけど、その割には役員構成変えなかったり、顧問契約先変えなかったり、保守的な側面が目立つことが多いよね。

適切な人材配置と権限委譲をすれば、必ず転換できる。
デザインシンキング、アート思考で文字通り UXデザイン、人間性に訴求する感じとか
求めるものはビジネスシンキングによる稼ぎではなく、如何に要求に応えるかあるいは要求を創出できるかなんだろうね
MBA重視型の発想では行き詰まって、アート系人材の能力に賭けると決めたのであれば、次は彼らの自由な発想をどれだけ活かせるかという企業の度量が試されます

とのこと。
人と同じ見方をしていると同じものしか生み出せない。
MBA人材の限界…企業の人事部が今"美大卒人材"に注目するこれだけの理由 レンガの使い道を ...

コンサルや役所で求められる美大・芸大卒. こんにちは、桶谷功です。 いま、「アート思考」がブームになっています。これはどういうものかと …
弊社は見る目があったってことだ
「「アート思考」がブームになっています」
とうとう世の中が芸大卒のフォロワーに追いつこうとしている。
美大/芸大のポテンシャルは理解できるが、論理思考が限界…??

「MBAのような論理思考が限界を迎えているからではないでしょうか」
あと、両方を行き来できる人材も必要ですよ。→
大手コンサルや役所で芸術系大学の採用が活発化して
以上
 
PR
PR