「現金志向が強いから」ではない…日本でキャッシュレス決済が広がらない根本原因 利用者にはとても便利なのに… | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

なぜ日本ではキャッシュレス決済が広がらないのか。一橋大学名誉教授の野口悠紀雄さんは「日本のキャッシュレス決済は手数料が高い。小売業の営業利益率を考えれば、広がらないのは当然だろう」という――。

ツイッターのコメント(56)

偽札がすくないという事も。ドルや元は、偽札が多すぎ。
おはようございます☀️
キャッシュレス決済比率は、約30%だそうです

皆さんはキャッシュレス決済は利用してますか?
僕は家計簿が付けやすいので使ってますね☺️

良い週末を✨
ε=╭( 'う' )╯現金きらいー
要は、手数料が高いからだと!
銀行とカード会社の両方の手数料が暴利で加盟店に負担が多い。みずほ銀行のJコインペイなど自行の利益追求で加盟店顧客目線では無いので普及は無理。
⇒コスト構造等で進まないのはキャッシュレス化に限らず他の分野でも見られるものであり、そこにイノベーションの機会もあると感じます
」… ボーナスとしての還元率が高くしかも運用出来るPayPayがお得感すごいと思う。慣れるまではちょっとめんどくさいが、すぐ慣れる(*^^)v。
キャッシュレス決済、特にクレカの加盟店側の手数料が海外に比べて高いのは事実で、行政から働きかけて携帯料金を下げたように、行政からの働きかけが必要。
「欧米」の手数料が書かれてないから片手落ちだと思う。あと「手数料無料だったPayPayが欧米ほど広まらなかったのは何で」って疑問が
手数料取られるくらいなら導入見送りってやはり死活問題じゃない?
 
PR
PR