「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野 バスやトラックで実験が進むワケ | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

自動車業界では各社が電気自動車(EV)をラインナップさせる一方、水素を燃料に使った燃料電池車は販売がふるわない。水素エネルギー協会前会長で顧問の西宮伸幸さんは「たしかにEVは走行コストが安く、乗用車に...

ツイッターのコメント(15)

この手のやつで疑問なのがどうしてディーラーで水素ステーション設置しないのか?だ。設置すればFcvの普及に繋がるやん。
水素の車乗りたいな
トヨタは水素燃料車等を日本全業界で作る計画だ
2025年から欧米中国日本で本格運用が開始する計画だ

トヨタはEV車開発を抑制したい
しかし新興テスラ等はEV車開発生産を加速し、トラックや船までEVに加速

トヨタとテスラは対立激化する‼️
さて、どちらが勝ちますかな⁉️
現状、私の知る限り、水素を作る方法が化石燃料か電気を使うかの2択。

それ以外のエコな方法がなければ、電気駆動が安上がり。
走るルートが決まってるトラックやバスでは水素
というのは自分も思った
ただ、とにかく補給出来る場所/数が鍵だ
“エネルギー源を揃えた比較では、燃料電池車の総合的なエネルギー効率は40%。これは、ガソリン車19%の約2倍であり、電気自動車(EV)33%、ハイブリッド車34%よりも、優れた数字となっています。なお、これらの数値は、少し古い2013年の新聞報道に基づくものです。”
インフラをどこまで普及できるかがカギかしら、あとはタンクとか吸入?ノズルのメンテナンス費用が高額になるだろうから…まだまだ問題山積ですね
海外勢もやってたところはやめてないはず。日産はやめたんだっけ
内燃機関から脱皮できないトヨタに勝機は無い
西宮 伸幸 水素エネルギー協会前会長 – PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) 2021/10/21 11:00
北海道の様な極寒の地から沖縄県の様な猛暑の地域まで使えるかどうかも普及のポイントになると思います。
中共の得意分野に応援して意味があるのか?内燃機関を捨てる意味はない。

「なぜトヨタは燃料電池車の開発をやめないのか」電気自動車が苦手な2つの分野
以上
 
PR
PR