「給料が低すぎる」と嘆く人が転職や副業を考える前にまずやるべき"簡単なこと" 「理想の給料」から逆算して行動する | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

「給料が低すぎる」と愚痴をこぼす人がいる。歯科医師で執筆活動も行う井上裕之さんは「まずは会社の人事評価制度を知ること。転職を考えるのはそれからでいい」という——。

ツイッターのコメント(15)

給料分だけ働けばいいだけだよね。。
給与が不満なら人事に評価制度の確認をするという手もあるんですね。
聞きにくい場合もあると思うので、企業側から積極的に説明があってもいいかも。
給料が低いと嘆く人へアドバイス「まずは人事評価制度を知る」
ルールを知った上でキャリアをどうするか判断

正当に評価してくれない会社なら、会社のために努力しても悲しくなるので転職やね
「給料が低すぎる」と
不満を言うのは簡単です。

もし人事評価制度があるなら
そこを確認する必要があります。

もしないならば、本業以外の仕事(副業)を
持つことも有効な対応です。

それから転職を考えても
遅くありません。
人事評価制度を理解せずに、理想の給料を得るのは難しい。
まさにその通り。
そして調べ尽くしてある程度今後の収入の見込みが見えた時、先が見えて落ち込む。
人事評価制度や賃金テーブルが存在してもその通りに運用されているかは闇だからね。言い方は悪いけど、評価の上げ下げなんてやろうと思えばいくらでもできちゃうわけだし。
信じられないほど沢山の社会貢献をされている井上裕之先生。

【二兎を追う者は二兎を得る】

井上先生が体現されているんですね✨

| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
新刊がオンラインプレジデントに紹介されました。是非、お読み下さい。
そうですね、自社の給与の枠組みを知らないのはナンセンスです。
あと、日本の社会保険の制度とかね。

そこは勉強すれば分かる話なので、まずは勉強しましょう。

その上で『手取り』を増やしたいなら、それなりの手はありますのでそこは頑張れ。
人事教育評価制度を知り、一般的な企業なら社内規定を情報セキュリティー、ファシリティ管理、決裁管理を中心に読み込んでおくと良い。
仮に役職がなくてもどうすればハックして実権を握れるかを考える。

◇給料が低いと嘆く人へアドバイス「まずは人事評価制度を知る」
簡単ジャン!明日からやろう。 / (PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト)
お金をモチベーションに仕事をしているほど人生は長くはない。時間は有限。健康は当たり前ではなく毎日と自然と老化する。身につけるべきは稼ぐ力かな。
「給料が低すぎる」と愚痴をこぼす人がいる。
以上
 
PR
PR