「成長できる職場がいい」そう言ってコンサル業界に行きたがる東大生の"甘い本音" 年功序列の日本企業に比べて魅力的 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

いまの若者は何を基準に職場を選んでいるのか。神戸学院大学の中野雅至教授は「最も重視しているのは『成長できるかどうか』。学歴社会から実力社会へのシフトがうかがえるが、その裏には、学校のように企業に成長経...

ツイッターのコメント(20)

成長は自分で勝ち取るものではなく、誰かが経験させてくれるもの。

たしかに恵まれた環境にいると陥りがちな感覚かもしれない、、🤔
大事なのは、自分で「掴み取れるか🙌」

「成長できる職場がいい」コンサル業界に行きたがる東大生の"甘い本音" (PRESIDENT)
成長したい、は悪くない。でも。

『厄介なところは、こういうことを主体的に学ぶのではなく、学べたり体験できたりする場を誰かが整えてくれる、あるいは、整えてくれるべきだと考えている』
古い日系企業は現職含めて働く環境のカイゼンはなぜかしない。
甘いとは言い切れないけど以前後輩に「幸せは誰かがきっと運んでくれると信じてるね~」と歌ったらスゲー嫌な顔されました
コンサル業を否定はしないけど、コンサル人気が続くのは国としてあまりよくない傾向では…?とも思う
コンサル業界が魅力的なのは、能力が身につくということです。
情報収集能力、資料作成能力、プレゼン能力など、これこそ若者にとっては成長できる機会が沢山あるということです。
考え方は様々ありますね。
昨日上司に僕のイメージしてることが先を行き過ぎて周りの人に伝わらない。ってグチったんやけど。そういう環境でもがけてるのも自分にとっては成長できる良い環境ですね、と納得できたからよかった。
でもマーケティングやコンサル業界の人達と働けると凄く楽しいだろうな
「どんな成長が出来ますか?」とかわざわざ聞くことでもないよね。方向性はみんな別々なんだし。

「あなたはどうなりたいと思っていて、どんな環境を望んでその質問をしているんですか?」って言ったら怒られたんだけどね。
コンサル業界を志望する東大生たち 「成長したい」の言葉に潜む「甘え」 ウチの会社もコンサル系だが、あまりにも無能が多過ぎて、お客と中指立てて会社出て行けと言ってる。所詮コンサル系なんて、鼻くそがやる仕事。
他力本願で成長させて貰えそうって志向で新卒の時は金融選んでたなー
今思うと考え方もったいなかった
 
PR
PR