「海に散骨、墓の撤去で各数10万円」爆増中の"墓じまい"を強行して痛い目にあう人の特徴 改葬総費用50~100万の費目と相場 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(20)

これは、寺が、墓の撤去費用を高く設定してるから、こうなるんだろ?
 庭師が木を引っこ抜くのは、料金高いのと同じで、金を稼げなくなるのは、高く設定してる。
地方の少し有名なら寺だと檀家代表なんかはそれこそ寄付や何やら大変な金額になる。
納骨先は一心寺がいいよ◆
確かにわかる本当に大変だよね
「墓じまいとは、先祖代々、継承されてきた墓を撤去し、遺骨を別の場所の永代供養墓に移したり、海洋散骨したりすることである。しかし、そこには落とし穴が隠されている。」
墓じまい
近年急増している「墓じまい」。その「ブーム」に乗って、安易に墓じまいをしてしまったがために、むしろ金銭的にも精神的にも大きな負担を強いられるお話し。

「海に散骨、墓の撤去で各数10万円」爆増中の"墓じまい"を強行して痛い目にあう人の特徴
自由が故に「お墓」の選択も大変
ぶっちゃけ顔も知らんご先祖の墓なんぞ有耶無耶にして放置すればいい()
墓ビジネスなんて続くはずがない
墓じまいはコストかかると言うけれど年間3万円かかるのであればこの先20年で60万円もかかる。50万円で墓じまいが出来るのならトータルは安い。もはや狭い日本に墓など不要なのかも知れない。死んだら土に帰る、どこの土でも同じ。墓は遺族のためのもの。
この記事、最後まで読みましたが、お坊さんのポジショントークにか感じられませんでした。
私は墓はいらないので、海に散骨でいいかな。
いや、山で逝って、土に帰ります。
この15年間で約2倍に急増 安易な「墓じまい」の意外な落とし穴
落とし穴じゃなくて、たまには変な和尚とのトラブルもあるらしいよ的な話。タイトルの付け方おかしい。

この15年間で約2倍に急増 安易な「墓じまい」の意外な落とし穴
⏬ 墓じまいを焦るな、という趣旨でタイトルが過激😓
責任感のある人が陥りやすいというけれど、
それぞれの事情に応じた解決策を探しましょう。
墓じまいをして痛い目に合う人の特徴(プレジデントオンラインより)
人口が増えれば墓が足りなくなるだろうし、長い時間が経てば放置される墓も増える。

こんなつまらない問題を根本から避けたヒンズー教は実は最強なのかもしれない。

それにしても日本の寺はほんと金に汚いイメージしかない。他の国や他の宗教はどうなんだろ?
黙って絶縁してしまえばいい。数十年すれば寺ごとなくなる :
墓じまいしたい人がこの記事を読んだらさらに悩むかもしれませんね。
その場合、僧侶の記事という点からポジショントークの可能性を推察してみてください。
ポジトークは現実の落とし所となる真の有用的助言から少し離れた内容になりがちです。どうか気に悩みすぎないよう。
以上
 
PR
PR