DXコンサルが「デジタル苦手おじさん」を説得するときに使う4つの方法 "抵抗勢力"を味方に変える話し方 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

組織のデジタル化を成功させるためには、何が重要なのか。DXコンサルタントとして数十社のDX化を成功させてきた鈴木康弘さんは「必ずと言っていいほど立ちはだかる壁が、社内の抵抗勢力だ。攻略するには4つの方...

ツイッターのコメント(14)

なんとも煽り系のタイトルですが、
4つ方法はベタですがほんと大事。

1.変革する必要性とメリットを伝える
2.決定権がある人の集まる場で報告をする
3.覚悟を持ち、毅然とした態度をとる
4.プロジェクト責任者である経営者から話をしてもらう
4つ
・変革後のメリットを伝える
・報告は決定権の集まる人の場でおこなう
・毅然とした態度を取り続ける
・最終手段は責任者の口から言ってもらう
>新しいことに挑戦すると、抵抗勢力は必ず生まれてきます。それを前提とした対処方法を事前に準備しておくことで、プロジェクトはスムーズに進みやすくなります。
基幹システムの刷新もテレワークの導入もマーケティング戦略の実行も同じ。
こんなことに労力を割かねばならぬトホホな現実。今日からできることに反対する人の説得に何年?日本の将来は確実に暗いけど、逆にデジタル下剋上できるチャンス。
こういうシチュエーションはとても多いと思います。
ふむふむ〜 →
目的を明確にして、メリットを伝えて不安を取り除く。これは大事です。私はデジタル導入を意識したがゆえに失敗してきました。
>> 成功体験のある組織ほど、抵抗勢力は肥大する

めちゃくちゃ頷ける。
Dxがなかなか進まなければ、いつまでも推進とか優しく言ってられず、強気な展開も大事ですね。

もう、その時な気もするけど。
#成功はヒトDX #鈴木康弘 #セブンアイ #ソフトバンク #セブンネットショッピング #アマゾン
周囲の人が〝抵抗勢力〟として立ちはだかったとき、どう対応するか? DXに関わっていなくても応用できる考え方かもしれない→
トップ含めた周りを巻き込む行動力が鍵なんでしょうね。
以上
 
PR
PR