日本政府が「ミャンマー軍の市民虐殺」に沈黙を続ける根本的理由 外交を歪めてきた「ODA金脈」の罠 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(39)

日本政府が「ミャンマー軍市民虐殺」沈黙続ける根本的理由 歪めてきた「ODA金脈」罠
「軍利益になる援助止めろ」
国内外の声に外交当局「検討中」
後は無言で耐える図式
茂木外相が「北風がいいか太陽がいいか」とナゾナゾのような奇妙国会答弁した国
〈日本は、他を圧倒するようなODAの増額を果たすために、それまで累積していたミャンマー向けの貸付金を一気に帳消しにするという作戦に出た。〉
“4月9日に、駐ミャンマーの15大使が共同声明の形で公表したミャンマー軍を非難する共同声明に、日本は加わらなかった。アメリカの同盟国で加わらなかったのは、日本と、”▶
ロヒンギャ問題にも政府は及び腰だったのはこのせいだろう(´・ω・`)
沈黙を続けるのは同意、容認しているのと同じで、背筋が寒くなるな
ウイグルの件で中国殲滅!を叫ぶ方に限って、ミャンマーの件は無視、という辺りに、魂胆のキモがありそうですよねw

このODA問題は昔から言われてきた古くて新しい問題。日本外交がODAから抜け出さなくては世界から相手にされなくなる。
それこそ「一路一帯」を標榜する中国とどこが違うのか。いや、それ以上にステルスで始末が悪いかも。
この外交対応も日本政府おかしい。
これが事実上日本政府はミャンマー国軍政府を容認している理由か
この論文に反論できる日本ミャンマー協会関係者はいないだろう。
>
外交と内政に同じ「仕組み」が貫かれ、表裏一体。。。
ミャンマーへジャブジャブ金をつぎ込んでしまったから文句を言えないということか。では中国へは?(ry
納税者(タックス・ペイヤー)である日本国民は、この記事を読んでカネという観点から「太いパイプ」の中身を見よ
納税者としてはたまったものではない。
>日本は、他を圧倒するようなODAの増額を果たすために、それまで累積していたミャンマー向けの貸付金を一気に帳消しにするという作戦に出た。多額の未払金が残ったままでは、新規の援助の大幅増額が困難だったからだ。

>そこで2013年に、約2000億円の債権放棄を行った。
円借款を何千億円も帳消しにするって、外国に金を配ったのと同じでしょ
国内の財政が厳しくて社会福祉を何とか削っているのに、報道も批判もされないのは何故?
ミャンマー問題は、さまざまな日本の外交問題を照らし出している。日本の外交スタイルは世界標準からかけ離れている…。★
まあ、オレなどがいまさら言ってもあれだけど。
日本政府が持つという太いパイプについて篠田教授が解説してます。是非!
篠田 英朗 東京外国語大学教授
> 日本は毎年1000億円を超える額のODAをミャンマーに投入し続けているが、そのほとんどは円借款である。これはつまり投資である。
4000億の債務を帳消しにしてまで軍部に肩入れしてたんか…
ミャンマーは軍部が実質国家の全てみたいなものだし、仕方ないとも言える。
あの国で民主化は無理よ
流石に”ミャンマー協会”に深く関与する麻生太郎ちゃんには言及してないかぁ🤔
「軍の利益になる援助を止めろ」という国内外からの声に、日本の外交当局が「対応は検討中です」とだけ述べ、じっと無言で耐え続けるという図式が続いている。茂木外相が「北風がいいか、太陽がいいか」といったナゾナゾのようなことを述べたことは国際的にも広く報じられた。
実際に、日本がミャンマー軍に影響力を行使しているような様子は全く見られない。それでは、どれだけ日本のメディアが日本において日本語で日本人向けに「日本は影響力がある」と主張してみたところで、海外では全く相手にされていない
バカの一つ覚えみたいに太いパイプがあると報道されてたけど、こういうことね
ただ単に投資してたってだけかよ
外交を歪めてきた「ODA金脈」の罠。 欧米諸国が経済制裁などに動く一方、日本政府の動きは鈍い。日本の外交スタイルは世界標準からかけ離れている
何の役に立ってなかったわけですね。
"借款絡み"にせよ、ミャンマー「軍事クーデター」への日本政府の沈黙など許される訳もない!
もう4000億でも5000億でもドブに捨てたと思い諦めよう、ほんとの民主化がされた時に運が良ければ返ってくるかもなくらいのお気持ちで。二つの意味で難しいけど Reading:
「日本政府はミャンマーで焦げ付いていた約4000億円の貸付金を、日本の納税者に負担させる形で一気に帳消しにして、さらなる融資の工面に乗り出した」だと!?
なんかガッカリした。お金なんだな…
→これに対して、ミャンマー軍が市民を虐殺しているからといって実施中のODAまで止めてしまっては、これらの迷惑をかけてはいけないところに多大な迷惑がかかってしまう。
日本政府とミャンマーを繋ぐ金脈と人脈に着目した篠田英朗先生の論考
日本は2013年にミャンマー向けの貸付金を4000億円を帳消しにして、毎年1000億円のODAをぶっ込んでた。それが太いパイプの正体。金返してほしいから今も強く出れない。
自分には諸外国のようなナショナリズムはないが日本人であることが誇りだし、日本を褒められると素直に嬉しい

だがミャンマー問題に関しては自分が日本人であることを恥じる
ミャンマー情勢が緊迫している。欧米諸国が経済制裁などに動く
以上
 
PR
PR