TOP > その他のニュース > マリナーズ時代のイチローが毎朝カレーを食べていた脳科学的な理由 「無意識のセットアップ」をしている | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

マリナーズ時代のイチローが毎朝カレーを食べていた脳科学的な理由 「無意識のセットアップ」をしている | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

元プロ野球選手のイチローさんは、マリナーズ時代、毎朝必ずカレーを食べていたという。脳科学者の茂木健一郎氏は「これは無意識のセットアップだろう。いつも同じ行動を取ることは、力を発揮するのに一番良い脳の状...

ツイッターのコメント(11)

ボクが毎朝おはようございますツイートをし、朝の生活ルーティンを始める理由。

✅フローに入り脳に自動運転させる

みなさまもぜひ体験してほしい

| PRESIDENT Online
ルーティーンがあると変化に気づきやすくなる。
「フローに入るためには無意識の状態を最初にセットアップすることが必要です。そして一度フローに入ってしまえば、脳に自動運転させると、作業はとてもはかどることになります」
元プロ野球選手のイチロー氏はマリナーズ時代、毎朝必ずカレーを食べていたという。脳科学者の茂木健一郎氏は「これは無意識のセットアップだろう。いつも同じ行動を取ることは力を発揮するのに一番良い脳の状態をつくることになる」という。
記事に見せかけた高度な飯テロやめろw
ベストパフォーマンスが出しやすい状態の一つに「フロー」があります。
フローに入るためには無意識の状態を最初にセットアップすることが必要です。そして一度フローに入ってしまえば、脳に自動運転させると、作業はとてもはかどることになります。
マリナーズ時代のイチロー氏 毎朝カレーを食べていた脳科学的な理由
元プロ野球選手のイチローさんは、マリナーズ時代、毎朝必ずカレーを食べていたという。脳科学者の茂木健一郎氏は「これは無意識のセットアップだろう。いつも同じ行動を取ることは、力を発揮するのに一番良い脳の状態をつくることになる」という――。
いつも同じ行動を取る『ルーティーン』は、心を一番良い状態に持っていく理にかなった方法なんですね。
「ラグビーNZ代表オールブラックスが試合前に踊るハカは、心をいつも同じ高まった状態に持っていくのに、脳科学的な見地からもとても有効。」/ 「無意識のセットアップ」をしている/プレジデントオンライン
ボクは毎朝カレー食べてると言ったら
人間ドックでドクターに叱られたよw
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR