「3000頭を発見、成功率は7割」ホームレス中学生が凄腕ペット探偵になるまで 「ネコやイヌの気持ちが分かる」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

迷子になったペットを捜し出す「ペット探偵」がいる。1997年の創業以来、約3000頭のペットを見つけ出し、成功率は約7割というペット探偵の藤原博史さんは「中学時代、家を飛び出してホームレスのように野宿...

ツイッターのコメント(11)

そんな仕事が世の中にあったのか!いや作り出したのだ、この人が
色々と昔ご苦労されたんですね…今現在もだとは思いますが🤔
こういう夢をみたいねぇ。
「中学時代、家を飛び出してホームレスのように野宿していた。だから、ペットたちがどこに身を隠しているかが分かる」という――。"
リアルエースベンチュラ
素敵☆
人生って本当にどうなるか分からんよね🥺
㊗猫の日

猫派の編集者(私)による、全国の猫好きの皆さんにお届けしたい記事です。※ペットを愛する皆さんも含む

ペット探偵、藤原博史さんの物語——。

👉 「ネコやイヌの気持ちが分かる」
⚡今読まれています⚡
#ねこの日

👉
「身の隠し方は犬や猫から…」ホームレス中学生がペット探偵になった理由
📌

📝迷子になったペットを捜し出す「ペット探偵」がいる。1997年の創業以来、約3000頭のペットを見つけ出し、成功率は約7割と…

【出所:PRESIDENT Online】
以上
 
PR
PR