「費用が高くて無理」から一転、駅のホームドアが急に増えた鉄道業界の変化 完備は無理だといわれてきたが… | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

駅の転落事故はホームドアを設置すればほとんどが防げる。ただし、設置には高額な費用がかかり、工事も難しい。なかなか設置が進んでこなかったが、ここに来て各社が相次いで完備させつつある。何が起きているのか、...

ツイッターのコメント(25)

ホームドアの設置すら、「費用が高い」という「経営上の理由」でつい最近まで消極的だったのが「構造改革で民営化され効率的になり収益への意識が高まった」日本の鉄道会社なので、一般有権者までが「謎の経営者目線」を身に付けたらろくなことにならないだろうと思う。
JR東海もようやく金山駅のホーム1つだけ設置されましたね。
みんな八高線拝島駅みたくすればコストが抑えられたんじゃね?1両の長ささえ統一できればドア数なんて関係なくなるし。
東南アジアのMRTは最初からホームドアが設置されている。リープフロッグだ。日本は過去の遺産が大きすぎて身動きを取りにくいは、ようやく動きが活発化
土地があれば中華式のホーム全部仕切っちゃって列車とホームドアの隙間広くあけたやつで力技解決できるわけなんだがなぁ
てっきとーなこと書いて金もらえるのはいいな。駄文。
小田急使いとしては出来るだけ早く多くの駅での設置をお願いします。柿生とか玉川学園前みたいに簡単にジジババがダイブする駅から。 /
「メリットは多いものの
 デメリットも多く普及し辛い物事が普及するには
 世論の後押しが必要」
ということか

世論だけで普及するんかな

駅周辺はもちろん
駅構内の も含めた総合的なブランディングが
収益低下の大波が襲う各社の明暗に繋がる
駅の中はこれだけ安全意識が高くなってるのに、駅間乗換を強いられるケースでは安全意識が昭和から全く変わってないのほんとひで(秋津と新秋津を思い出しつつ)
一度はゲームチェンジしたがコロナ禍でリチェンジとなる恐れが高いところをどうするか
(実際に京都市営地下鉄が見送り決定してたり)
 
PR
PR