TOP > その他のニュース > 「幸福度のピークは年収660万円」脳科学者が語る3000万稼いでも幸せになれない深い理由 164カ国170万人の調査で判明 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

「幸福度のピークは年収660万円」脳科学者が語る3000万稼いでも幸せになれない深い理由 164カ国170万人の調査で判明 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

複数の研究から、ある一定の年収をピークに幸福度は頭打ちになることがわかっています。164カ国170万人の人々への調査から、日本を含む東アジアでは、その額は660万円あたりだそうです。一方、脳科学が専門...

ツイッターのコメント(22)

自己の内側のモノサシが、
長期的な幸福感に貢献

でも頻出な幸福感系記事
本記事との共通項
・約700万円以上は無関係
・自己効力感/肯定感、「楽しい記憶を思い出すこと」が有効

偏差値教育の弊害から、
年収という外側のモノサシに
縛られすぎないことは第一歩
確かにお金があれば困らないけど、
失うものや見えなくなるものもあるかも。
物質的な価値がどんどん下がる気がする。
"目標達成により得られる自己効力感や自己肯定感は、長期的幸福に繋がることが明らかになっています。" ←へぇ~!!
記事によると、幸福度とは別観点で「人生への評価」というのもあるらしく、その際は世帯年収3000~5000万円でピークになるとのこと。

年収や学歴が高い人は
人生の評価は高いけれど、幸福度は
低いという点はすごく興味深い😔

他人と比較して、優位な状況にあってもそれは幸せではないということ

他人が何をしているかより、
自分が何をしているかが大事🙃🙃
各位 幸福を感じる力は筋肉と同じように鍛えられる可能性があるそうです。
最後の部分が興味深いです。でも大事なのは「今」でしょう。
価値観を他者と比較するという時点で、それは主体的に動いてるとは言えない。
稼ぐ事だけでなく、自分がどう在りたいかも平行して考えないといけない。
日本の年収中央値が女性315、男性425万円なので660万円はかなり裕福と言える。660万円くらいが一番収入と自由時間やストレス度のバランスが良いのかも。住んでる場所にもよると思うけど
660万稼いでみたいけども…😶
細田 千尋 博士(医学)
前にどこかでみたものでは700万円台後半だったような…
いずれにしても年収さえ上がればいいということではないですよね。特に昨今はネットを介して多くと繋がることができるようになり、多様性を広がっているので、...
幸せが年収に影響を与え、
年収が幸せを左右させる

いずれにせよ、生きる価値観は
年収は一部として考えていきたい
幸せとは何か。お金があって幸せを感じないとしてもお金がある事で選択肢が広がるのも事実。無いよりはあった方がいいのは間違いない。
- ライブドアニュース
だそうです。
対象が日本だけでないので金額はさておき、お金で得られる幸せには限度があるという話には共感。

とはいえ、一定のお金は大事。

お金があることで一定の不安も無くなるはず💦

メモ:
「幸せ」は主観。誰かと比較して感じようとするか、自分の内面や成長を見つめて感じようとするかによって大きく変わるものです。人生にほしいのは「お金」なのか、それとも「幸せ」なのか、ですね。
なるほど、確かにそうかも🤔
昔に読んだ本では、年収800万円以上だったと記憶している。
恐らくサブスクや無料アプリでも色んな事が出来たり、ファストファッションでも充分になってきたからだろう。
幸福度は年収以外の影響が大きいので、お金以外の資源にも目を向けよう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR