TOP > その他のニュース > 荻原博子「もし住宅ローンが返せなくても、絶対にやってはいけないこと」 「7割が住宅ローン危機」の阿鼻叫喚 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

荻原博子「もし住宅ローンが返せなくても、絶対にやってはいけないこと」 「7割が住宅ローン危機」の阿鼻叫喚 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

※本稿は、荻原博子『コロナに負けない! 荻原博子の家計引きしめ術』(毎日新聞出版)の一部を再編集したものです。新型コロナウイルス感染拡大による経済の悪化で、今後私たちの生活で大きな問題となるのが住宅…

ツイッターのコメント(22)

最終的に返済できずに借主に自己破産されてしまうと、金融機関は貸したお金を回収ができなくなってしまいます。
みんな苦しいんだよね。一緒に頑張りましょう。ただし間違った努力や行動はNG。正しい知識を身につけること。そして適切な人や機関に相談しよう。
いや。ほんまに。
キャッシングは絶っ対にあかん。
ゴハンは腹八分目、家計も8割カットがgood
やばいなー。
コロナ禍で住宅ローンを払えなくなる家庭が急増
冷血総理スガーリン。荻原博子氏、「住宅ローンには、政府の支援はほとんどありません。銀行では、普通2カ月間支払いがないと、事故情報(延滞情報)が登録され、ブラックリスト入り。
前澤社長に助けてもらおう!
▼「もし住宅ローンが返せなくても、絶対にやってはいけないこと」
収入に困ったときに対応できない家計になるようなら、ローンで家を買うべきではないですね。ましてやボーナスがある前提での返済プランは無計画すぎますね😱
”「住宅ローンが返せない」からといってキャッシングに走ることは、絶対にしてはいけません。”_荻原博子さん 「もし住宅ローンが返せなくても、絶対にやってはいけないこと」
返済・賃貸へ出すこと・売却のことまで検討してください。
この人の主張はかなり???で正直アホだと思っているんですが、これはシンプルに素晴らしい記事です。わかりやすく選択肢が説明されていて住宅ローンで苦しい人はぜひ読んでもらいたい。自分の本の紹介を挟むくだりは不要だったけど。
「もし住宅ローンが返せなくても、絶対に
やってはいけないこと」

荻原博子
プレジデント・オンラインで読まれた記事ランキング第1位!
そんな事言ったって、当の支援機構は聞く耳持って無かったしねぇ。
窮状を訴えたって門前払い。
7%の高金利を見直させないのが機構の汚いやり口。
これから組む人も月々払いだけにしておいた方がいいよ…それできついなら借入額が大きすぎると考えるといいよ…。
コロナ禍で住宅ローンを払えなくなる家庭が急増
そもそも長期ローン持つのがリスクだと気付けよ、とは思う。
「すでに住宅ローンの返済が苦しくなっている人が約4割、今後、苦しくなっていくだろうと予想している人まで含めると、約7割の人が住宅ローンの返済に不安」
無理して返済考えない。ダウンサイジングする決断が必要。時が来ればまた何とかなると思おうよ。
内容はともかく苦しい人が出てきているのは間違いない!
すこしやった。
みにしみた。リボとキャッシングは絶対やっちゃダメだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR