韓国ブチぎれ、米国トランプ暴走、そして日本は焼け野原。「米朝核戦争」最悪のシナリオ 核の傘こそフィクションという現実 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

ツイッターのコメント(14)

@mogami00 最近読んだプレジデントの記事だとこれが意味不明過ぎて逆に面白かった。

「文在寅はアメリカに相談せず、北朝鮮に報復。」
「「全くあり得ない話でもない」と感じさせるのがこの作品のうまいところでもある。」??????????????????ってなった
米軍が自国の若者を犠牲にして日本を守らないのは常識である。だからこそ日本独自の中国、北朝鮮外交が必要なのだが、政治も国民も能天気すぎる
誇大妄想は、韓国だけでいい!
>シミュレーション小説『2020年・米朝核戦争』(文春文庫)

何もしてないのに、とばっちりだけは受ける日本という設定がリアルですわ(´・_・`)
■朝鮮人達のドンパチはどうでもいい。乗じた中露の出方が怖いのだ。
キューバ危機、今なら追うことができるかもなぁ、などと思いながら興味深く読んだ。
| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
危機感無し しりしょく
ジョンレノンには共感するが、今の世界ではまだ理想。
日本で生きていこうと考えるなら、まずはこっちを想像すべきだ。
日米韓で300万人以上の犠牲も「米朝核戦争」での最悪のシナリオ
ですよね、アショアなき今、間に合いませんよね。日本はなにやってるんだか。2度目の被爆国になってしまうよ。
朝鮮戦争なのに南北が何故か共に日本に攻撃してくる想定って、半島の異常性分かってんな。なので「核の傘はフィクションだから止めろ」…

韓国ブチぎれ、米国トランプ暴走、そして日本は焼け野原。「米朝核戦争」最悪のシナ…
「北朝鮮の核ミサイルに対しては、日本は自力で対処するしかない」「対北朝鮮に対しては、日本はアメリカを頼ることはできない」「北が核を持った以上、アメリカは日本が単独で攻撃された場合、日本のために反撃することはない」

米国の核の傘を信じている大多数のお花畑たち
話題の書『2020年・米朝核戦争』(文春文庫)について書きました。『13日間』(中公文庫)、『ルトワックの日本改造論』(飛鳥新社)など、あわせて読むと楽しい書籍もご紹介しております。
以上
 
PR
PR