TOP > その他のニュース > 「ウイルス目線で考える」新型コロナがSARSより爆発的に拡大した理由 距離を取る対策が破られる可能性も | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

「ウイルス目線で考える」新型コロナがSARSより爆発的に拡大した理由 距離を取る対策が破られる可能性も | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

世界各地に広がる新型コロナウイルスのゲノム情報により、中国・アジア、アメリカ、欧州ではウイルスの遺伝子配列が異なり、3つのタイプに分かれることがわかってきた。世界に拡散するにつれウイルスは変異し続けて...

ツイッターのコメント(19)

人間という宿主が死なないようにコロナウイルスも進化していく!実に論理構成が面白い!
SARSは侵入されないまま終結した
各国がコロナを侵入させなくしていけば終結するという事か
なぜ SARSより新型コロナが拡大したのかわかった。
「 SARSは熱や咳の症状が見られた罹患者のみがウイルスを拡散する能力を持つ。これはSARSウイルスが肺でのみ増えるという性質を持つことに依る。ところが新型コロナウイルスは(略)肺のほかに、咽頭でも増殖するのだ。
今も進化をし続けている。
というのは怖いね。。。
今までは3タイプ。
今後、若者の多いアフリカで無症状のまま感染拡大したら突然変異の可能性が。
それがどっちに転ぶかで、それ以降の世界の対策が左右されるかも?
@AbeShinzo 参考まで「ウイルス目線で考える」新型コロナがSARSより爆発的に拡大した理由
野生のコウモリは、発症はしないが何種類ものコロナウイルスを体に宿している。ウイルスは世代から世代への期間が短く、絶えず変異しつづけている。
「ステルスナンパのほうが複数恋愛が簡単にできる」のと似ている。
「感染した人に激しく咳をさせることのできる変異を持ったウイルスは、結果として自分の遺伝子をたくさん拡散させることができ、世界に自分の子孫を多く残すはずだ。人に咳をさせるのは、ウイルス自体が他のホストに自分を感染させるべく人の行動を操作したためである」。
ウイルスとは何かを知るために、全文読んで冷静に分析したいものです。そして今ウイルスを葬り去ることができるのは、特定の他の誰かでなく自分自身の行動だと知ることです。良い記事です。
改めて新型コロナウイルスについて知る。油断大敵。

「ウイルス目線で考える」新型コロナがSARSより爆発的に拡大した理由
・ウイルスは絶えず変異している。他の種類の生物にホスト(宿主)を乗り換えやすい性質を持った変異体のみが、新しい感染経路を通じて増殖できる
ウイルスの変異については以前から気になっていたけれど…
今を生きる我々に課せられた使命、それはウイルスを進化させない事。人間生活は確かに壊滅的だけどそれ以上にウイルスを変異させ続けては地獄が続くだけ。「ウイルス目線で考える」新型コロナが爆発的に拡大した理由
コロナとどう対峙すべきか、進化生物学な視点から|宮竹先生の記事|
思考を整理するために書いてみました
改めて勉強になった😔
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR