TOP > その他のニュース > 中国の3年分のセメント使用量は、アメリカの101年分を超えている 空気、水の次に必要な「砂」が枯渇 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

中国の3年分のセメント使用量は、アメリカの101年分を超えている 空気、水の次に必要な「砂」が枯渇 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

空気と水の次に必要な資源「砂」が枯渇しつつある。最大の原因は、中国などの新興国が大量のセメントを建築に使っているからだ。すでに中国が2011年~13年の3年間で生産したセメント量は、1901年~200...

ツイッターのコメント(13)

中国の都市化急成長と一帯一路による世界的規模の急速なインフラ整備で、セメント用の砂を一気に使いすぎて枯渇状態ってことか。
めもめも。_φ(・_・
「建築産業はセメント1トンあたり6~7トンの砂と骨材を使用している。それをふまえて計算すると、建築業での現在の骨材世界消費量は高さと幅が27メートルの壁×赤道の長さ分と等しい。」

結構面白かった記事
この中国全土に関わっている開発事業団がほぼ客家人民族が所有、中国本土の鄧小平江沢民派、欧美在住の一部や香港と広東省の孫文派、欧美在住の一部と台灣と東南アジアの蒋介石と宋家(宋美齢姉妹)李登輝派…主にこの3つ系統の客家人民族が中国全土の建設事業に関わっている。
ヴィルジニー・レッソン『これからの20年』がプレジデントオンラインの記事になりました。 →
おい!転売屋!次は砂や!公園行け!!!
| 空気と水の次に必要な資源「砂」が枯渇しつつある。最大の原因は、中国などの新興国が大量のセメントを建築に使っているから〜
砂利がなくなってきているということは聞いたことがあったが、砂まで少なくなっているとは知らなかった。
持続可能な開発..というか持続可能な素材を考えなきゃいけない時期なのかも
砂浜、島が消える。砂漠の砂は使えない。人間のエゴはここまで…。
お前ら、石油よりも砂と砂利(砕石)の方が貴重だからな。覚えておけよ。
コンクリートの配合(材料を混ぜる比率)を考えると、セメントの約2~3倍の量の砂や石も同時に消費されているわけです。国内でも天然骨材は希少になりつつある。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR