「感染者が出ないと動かない」介護現場のケアマネが厚労省に憤るワケ 老健職員の感染判明で態度が一変 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

2月22日、東京都の老人保健施設勤務の男性職員が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。この2日後、厚労省は自治体に「介護施設での感染防止の通達」を出した。ケアマネジャーらを長年取材している相沢光...

ツイッターのコメント(23)

こんな厚労省で要介護・要支援認定者659万4000人は大丈夫なのか
厚労相は、ひとり親支援でなく共同養育支援、共同親権支援を自治体に通達し、子ども達をコロナから守るために夫婦や両親が共同養育して子の利益を最優先にするように指示せよ‼️
政府(厚労省)の対応とは。

「感染者が出ないと動かない」
介護現場
ケアマネが厚労省に憤るワケ
これを読んで激しく同感!!
けど、うちの施設のお偉いさんとまさかの看護師は厚労省と同じです…危機感が全くない😩コロナにかかれば重篤化するであろう高齢者の施設なのに…働く私たちも日々不安だよね💧
そうは言っても後出しジャンケン。そも対インフルの運営できてたら、そこまで騒がずとも。
警察も政治も行政も人が死なないと動かないのは昔から。もっと世界から叩かれればいいのに
知らんかったん??
でも、警察もそうやろ?

証拠があって、行動できる。
証拠がないから、動けへん。

今の日本は、そうゆうこっちゃ(^-^)
未来の日本の縮図のようですが、現場は現場でやれることをしないと👍ですね✨
施設の際に感染者が出ても一人だけに抑え込み 他に罹患者を作らなかった。複数の施設でそうでしたが、やはり職員さんの意識が高かった👍そんな時にチームとしても
管下の職員さんが誇らしかった🤗
手の洗い方やアルコール消毒もどのタイミングでどうつけたらいいのか。ガウンの着脱方法だって知ってる。具体的な策を明示しないと本当に困る。
 
PR
PR