TOP > その他のニュース > この20年でニューハーフ嬢が10倍に増えたワケ 研究者も驚いた「20センチ表記」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

この20年でニューハーフ嬢が10倍に増えたワケ 研究者も驚いた「20センチ表記」 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

2019年10月6日に鹿児島市で開催された第39回日本性科学会・学術集会のシンポジウム「セックスワーク:論じられてこなかった視点とはなにか」(モデレーター:東優子大阪府立大学教授)で、とても興味深い報...

ツイッターのコメント(21)

なんかいろいろ知らない世界だわ…。
うーんと、人気なのはホルモンおっぱい有りのクソ美しいアリアリでギンギンの巨根ですね
私がNHヘルスデビューした当時とはだいぶ変わってきたんだねー。
「ニューハーフ風俗」は利用したこと無いけど。確かにノンホルアリアリの子(いわゆる男の娘枠?)は増えてる気がする。若かったら自分も働いてたかもね!?w
プレジデント・オンラインで読まれた記事ランキング第3位!
風俗で働かなくて済む世の中になればいいけどな
貧困と紙一重
少子化、未婚率の高さとも関係はありそうけど
どう生きようと自由だ
社会はそこを保証しなければ
"「逆アナル」をしてほしい、受動の側になりたい、さらに言えば、ニューハーフに犯されたい男性客が増えたということだ。
そうした男性客にとっては、ニューハーフ嬢の立派なペニスサイズはおおいに魅力であり、選択指名の重要なポイントになるだろう。"
慢性タチ不足の理由の部分が知りたいの……
まあニューハーフに掘られたい男性(ヘホ)結構いるからじゃないの?
>>
読み応えのある濃ゆい記事。エロのお話だから所々えぐいんだけど、途中で投げずに最後まで読んだら法制面の話に。手術が進んで法の想定からずれてることだらけで、法律の改正をしないといけない。
興味深い。
法律の追いついてなさが凄まじい。まあ多面的に人権が軽視されてる国だからなあ。
ニューハーフ風俗嬢がここ20年で10倍増。

・ペニスサイズを誇るニューハーフ嬢
・客に挿入する逆アナルセックスは半数が可能
・男娼は歴史的に女性の8割の値段
・20年前からプレイ代金が変化していない
・ゲイ風俗は値崩れ。500円という話も
・法制度が追いついていない
この記事の中で女性ホルモンを投与されている男性は勃起力が減退することが記されている。の風説にある『女子トイレでトランス女性に襲われる』というのは、強姦に限るとあり得ない話。
FFさんが紹介されていたMJ先生&🍅さんによる記事
NH風俗従事者の約3割は竿あり玉ありホルモンなし…って、それはNHなの?女装なの?

⚫︎2019.12.10 プレジデント
自分は、LGBTは許容できても、アナルセックスは許容できない。
感染予防の面でも、感覚的にも。
更に言えば、異性間の通常の性交の伴う風俗も好まない。
そういうものは、サービス側が衛生面でも精神面でも汚れてしまう。
汚れた女と遊んでも楽しくない。
三橋順子先生の記事。学会で途中までしか聴けなかった講演が紹介され、助かる。こう言った形で性の歴史の裏面史が文章として残されるのは大切なことだ。
あまり気が進まない仕事だったけど、たちまち拡散している模様。
性風俗の世界で、「ニューハーフ風俗」という言葉が注目を集めている。元男性や
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR