TOP > その他のニュース > 東大医学部卒のノーベル賞受賞者が0人のワケ 頭のいい人が腐る日本の大学の土壌 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

東大医学部卒のノーベル賞受賞者が0人のワケ 頭のいい人が腐る日本の大学の土壌 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

10月に旭化成名誉フェローである吉野彰氏がノーベル化学賞受賞に決まったことは、2019年を代表するグッドニュースだろう。修士で就職した企業内研究者がノーベル賞を受賞したことは、多くの企業内研究者の励みにな…...

ツイッターのコメント(24)

確かに日本の大学は
海外からあまり評価されてないと聞きますが

これ読んで納得
そして日本企業も同じ問題がある

無能な人間を上に付けると組織は腐るですかね

江戸時代からの儒学の影響か?
あった、これこれ
「物理の世界では、ユニークな仮説を立てる人間を評価する気風があるようだ。だから物理学の世界では留学せずに日本で研究を続けていてもノーベル賞がいくつも取れるのである」
日本の大学医学部は村社会っぽいですね
遺伝(=アタマの良さ)よりも環境(=大学 or not)のほうが決定因子としては大きいということだろう
研究者になるより医師になった方がお金になるからでしょうね。
PRESIDENT Online: 東大医学部卒のノーベル賞 頭のいい人が腐る日本の大学の土壌.
最年少助教の暴言が話題になってるけど、プレジデントオンラインのこの記事も暴論な気がする。書いてる人が和田秀樹さんなのもなんだかな
要約:自分は優秀だが、自分が評価されなかった日本のシステムには問題がある。
東日本大震災で被災地のトラウマケアがうまく進まなかった理由が書いてあり興味深かった。
Discover(Google)から
近藤誠氏を好意的に取り上げた途端、すべてのロジックが嘘臭さにまみれるのはどうしてだろう?
| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
大学の研究環境、思った以上に酷いのでは。
これじゃあ研究したいことを突き詰めて研究できませんわ。
東大全体で言うならノーベル賞の足を引っ張っているのは教養学部前期課程の存在かと。言い方は悪いですが2年間も研究の回り道をさせられるわけですから。私個人は幅広い教養は好きですが、研究に有益かどうかはまた別です。
Discover(Google)から
「硬直化した人事制度」や「自由な発想ができない環境」は賢い人をたちまちバカにしてしまう可能性が高い。
和田 秀樹 国際医療福祉大学大学院教授
アメリカでターマンという人が知能指数の高い児童を数十年にわたって追跡調査をしたのだそうだ。その結果、ノーバル賞受賞者はゼロ。芸術家や作家もほぼ皆無。つまり創造性と知能指数には脈絡がないということ。
これに限らず日本が色々閉鎖的閉鎖的と思ってわかっていてもまったく変化ないとこが日本沈没に向かっている証拠である。 東大医学部卒のノーベル賞受賞者が0人のワケ(プレジデントオンライン)
別に、いいじゃん🥇 どの大学だってチャンスがあるってことでしょ🎓
東大は官僚養成学校みたいな状況から脱却すべき.科挙とあまり変わらないじゃん,これじゃあ.
凡庸な内容でないと学位論文がパスしないという東大の欠陥、医学部だけではないと思います。私の学生も「流域の負荷ではなく雨からの負荷で富栄養化する場合がある」と証明した学位論文を、中間審査で落とされかけました(兼任の先生の援助で辛うじてセーフ)。
この記事をまともに読む人はいるのだろうか。自分は読解力がないのでよくわからない。
2019年10月、旭化成名誉フェローの吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞した。ここ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR