TOP > その他のニュース > 東京五輪の前に「山本太郎が都知事に」の現実度 小池知事vs自公候補なら漁夫の利か | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

東京五輪の前に「山本太郎が都知事に」の現実度 小池知事vs自公候補なら漁夫の利か | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

東京都知事選の日程が来年6月18日告示、7月5日投票と決まった。東京五輪に影響を与えないために設定されたスケジュールだ。「東京五輪の顔」選びの選挙は、「緑のたぬき」こと小池百合子都知事が再選されるかどう…...

ツイッターのコメント(45)

バンバンNHKに出て政策語ってください!
安倍晋三首相が都知事選にあわせて衆院解散し、衆院選と都知事選の「変則同日選」を仕掛けるとの見方が取り沙汰され始めたのだ。
東京五輪で海パン&キャップでメロリンキューやりただけだろ(怒)
アホな東京はほんと危なっかしい。

▶︎
やめて!!!
絶対、日本の黒歴史になるからっ!!!
まずは を都知事にするのも1つかと!
良いんじゃね?w
アホで後ろに真っ黒いのがへばりついてるようなやつ
本当に都知事にした場合の面白い社会実験になるじゃん
鳩山以上の口だけのアホ
都知事にしたら民主党軽く越える
被害出すぞw
こいつキモいからはよ政界から消えて欲しいわ。自衛隊を解体して日本を去勢するのがこいつの最終目標だからな。
どっちも勘弁。

【 | PRESIDENT Online】
小池百合子が幾ら酷くても、北朝鮮シンパの中核派がバックにいる最底辺連中よりかはマシだろ。
今の東京都なら実現性は十分ありなのが何とも。
政策も、いち都市ならやらせても… 予算上限縛りで。

…全部そっちのけでオール東京化に精を出しそうだな。
マジで!?
都民はどんな罪を背負ったらこんな罰ゲームみたいな選挙する事になるんだw
棄権したくなるレベルの候補しか出てこなそう、都民に同情しかない。
@pax_japonica9
★大歓迎だが、国会中継での山本太郎氏の弁論を聴きたい!
どうなんだ?山本太郎は国政にこそ必要。都知事はあり得ないと思う。
最後に >ドラマチックな はいらない1文
山本太郎みたいな脳内お花畑が知事になんてなったら混乱しか無い
東京都民って、そこで馬鹿なのか?
●詐欺女💋小池百合子は終った!ありえない!絶対にありえない!勘違い女が虚栄心剥き出しに立候補しても当選しない!完全に化けの皮は剥がれまくり自己中ペテン師であることは周知の事実🐙
| PRESIDENT Online

東京が階段降りて行ってる感じ
→正気の沙汰とも思えぬ話だが何事も「有り得ないことは有り得ない」なので、万が一にもこの事態が発生したら俺は久々に投票所に行くのではないだろうか(勿論阻止するため)🧐
小池は再選して欲しくないけど、山本太郎が当選するのはもっと嫌だ
ババ抜きかよ・・・都民試されすぎてない
➡︎山本太郎東京都知事説ですか!すばらしい!?東京から日本の崩壊をさせる戦略か!
こんな輩が「都知事⁉️」→東京都も舐められたものだ❗😠・・・・首都崩壊⁉️かな⁉️😁
是非やってほしい
※オオカミ少年太郎と緑の小池さんか、東京都民は究極の選択を迫られますな。
太郎は、五輪中止するんとちゃうん?

>いや、太郎は国会議員でないと!
東京都民
吉本興業
ローラ
テレビ朝日
れいわ新選組
@lancersjp
Mステ
AKBINGO
いや、太郎は国会議員でないと!
あまり好きではありませんが、
小池さんに比べたら1000倍
良い政治をしそうです。
頑張れ
もっとひどい災難が降りかかるの? /
「7月5日は衆院選、都知事選の同日選」というプラン 「首都決戦」を全国決戦にすり替えてしまう奇策
 こんなシナリオにのってはいけない
山本太郎が東京都知事になったら、日本は終わり
「当選ラインが下がれば、山本太郎都知事は十分にあり得る」


小池知事vs自公候補なら漁夫の利か(プレジデント)11/14
舛添元都知事が賢人に見えるレベルの大惨事になるのが目に見えているが、まあ日本を貶めたいプレオンとしてはこれ以上ない人選なんだろうね
山本太郎にはあくまでも国政で頑張ってもらいたいけどねえ😅
肥大した東京を解体する効果があっていいかも◆
おぉ!いいじゃんいいじゃん!太郎さんが都知事選に出馬されるなら、投票しちゃいま~す♪ ぜひとも、前向きに!!! まだ緑のたぬき姫さまよりはいいと思います!⇒ 東京五輪の前に「#山本太郎が都知事に」の現実度
確かにその可能性が全くないとは言えないけど、やっぱり山本太郎総理が1日でも早く実現してくれた方がいい。
最近のプレジデントの山本太郎推しがスゴイですね
東京都知事選の日程が来年6月18日告示、7月5日投票と決まった。東京五輪に
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR