TOP > その他のニュース > 半額チケットを配りまくったステーキ店の末路 「安くないと食べない客」に蝕まれた | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

半額チケットを配りまくったステーキ店の末路 「安くないと食べない客」に蝕まれた | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

118コメント 登録日時:2019-08-26 11:22 | プレジデントオンラインキャッシュ

※本稿は、帝国データバンク 情報部『倒産の前兆』(SB新書)の一部を再編集したものです。都内を中心にステーキハウス「KENNEDY(ケネディ)」を展開していた、ステーキレストラン経営の「ステークス」。一時は、…...

Twitterのコメント(118)

20年前にマクドナルドが平日にハンバーグを半額で販売したが、裏を返せば休日は倍だということに消費者が気づき、徐々に客足が遠退いた。割引券を乱発すると首を絞めるという事例ですね。
間違いなくうちの家族も蝕んだわ。
ステーキケネディ滅んでたのね……
場所もコストも掛からない上にインスタ映えする点でタピオカが儲かるのは必然やったな。
クーポンは麻薬の様なもの。どんどん効かなくなってきて、割引がエスカレート。悪循環にはまっていく。
ステークスは、安売り戦略によって「半額でないと行かない」という具合に消費者をミスリードしてしまったうえに、業界トレンドに合致しない戦略が失敗に終わったことで、業界不況を乗り越えられなかった。/
確かに、半額の時よく行ったなぁ。
閉店のときは残念だった。
「安売りは絶対に止めた方がいい」ということがよく分かる事例です。
@R_Nikaido こんな感じが……
一度下げた値段はあげられない
何に関してもそれが人の価値でも
自分の安売りはやめましょう。

17億円越えの売上を誇ったステーキ店の半額チケットを配りまくった末路
「安くないと食べない客」に蝕まれて破産。

個人のスキルや時間なども同じ。
自分の安売りは禁物ですよ。
特にブラック企業などで自分の将来を蝕まれないように。
外食産業も大変なんやぁ!

ファミリーレストランとか外から見ても満席になってることって少ないもんね〜

経営戦略をひとつ間違えたら、こんな風になっちゃうんや!
焼肉の日だから…

人って生活レベルを一度あげたら下げられないのと真逆に、お店においては「一度下げたら上げられない」ってなりやすいのよね。

これ何でもそうで、人間関係や仕事でも一度相手に都合の良い条件を飲んだら、相手はそれを求め続けるもんだよね。
前住んでた家にはよくチケット来てたな。行こうと思いつつ行けず、いきなりステーキが流行ってから行こうと思って調べたら閉店してた…。>
なる程なぁ…
以前住んでた笹塚にケネディあったなぁ…半額チケットで一回食べたけど、普段はステーキガストかヒーローズに行ってた。
(なぜか笹塚~幡ヶ谷はステーキ屋激戦区)
ついこないだFacebookに書いたケネディ。
同じ道を辿ってる感満載のbeatportも同じ末路よね。
帝国データバンクも外食産業の低迷は「まず少子高齢化の進行、人口減による外食人口の縮小」と言い出してますね
値段で選ぶお客さんは値段があわないといかなくなる典型でしょうか。安くは中毒ですね。
なるほど、、
半額キャンペーンなど一時的な値下げすると来店数は伸びるが、やり過ぎるとお客さんは慣れてしまう。
というか値下げなんて1番最後にやることだと思っている。
飲食店の難しいところ。

安売りで、売り上げ上げるのは諸刃の剣😅

利益の幅が無いから、手のうちようが無くなる。
値段と味、競合との比較でどちらも負けていたってことかな。青い店舗デザインは良かったと思うけど。
駒沢の最初の店?は、たまに行ってた。246と環七の交差点近く。
いま現在、他の企業でもあるケース..?CFに奔走。そう考えると、 はすごかった。
個人的に当時この半額チケットには
お世話になっておりましたw(´∀`*)ウフフ
ステーキ店が流行ってるなか、
経営破綻したステーキ店「ケネディ」

なぜそうなったのか

流行りは一気に押し寄せ
あっという間に引いて行く

激戦区の東京で話題店の末路を
知ると失敗しない
半額チケットを配りまくった
「安くないと食べない客」に蝕まれ
自身の価値を下げるのは良くない。
ファン作りは利益の出る価格と満足の行く味とサービスです。
あくまでもお客様の満足を考える。
この記事のケースでは価格にお客が満足してただけ。
価格で勝負すると、いつか自分がコントロールできない経営スタイルになってしまう

今からの時代、限られたお客様を心底満足させる、待ってでも行きたい・会いたい存在にならなくては!
安売り戦略によって「半額でないと行かない」という具合に消費者をミスリードしてしまった。

鵜の目鷹の目で業界や消費者の志向性の変化を研究し、常に先手を打っていかなくてはならないのである。
ずーっと割引券配りまくるのはやっぱりだめだよね。
ちょっと前にケネディの事思い出してたばかり。中目黒の宇宙センターも行ってみたかったw
安易に料金を下げるなんて、やってはいけないこと。

Online(プレジデントオンライン)
急激に成長する会社ほど店舗数拡大ばかりに気を取られて将来への見通しが全く出来とらん。実力過信で自分に酔い過ぎあっという間に破滅に至る。
そんな店もあったな…
イキってるあそこも、金曜日にはマイレージが沢山貰える施策が展開されていて、…あれ?なんか同じような空気が(´・ω・`)
いきなり!にしろケネディにしろ・・・
リベラ見習えとしか言えないよ(*´・ω・)
味覚が変わったのか、思い出補正が強かったのか、ステーキ自体を食べようって気にならなくなった
正直正規の値段で食うにはケネディの肉は旨くないから高いww(*・ω・)
あぁココか 友人と以前行ったが肉は硬いし肉半額と酒飲み放題で貧乏人のたまり場になってたわ(汗 / “ Online(プレジデントオンライン)”
ド素人でもわかる!

どんな商売でもそう!

己を安売りすればこうなるのだ!w
半額セールで集客を図っていたステーキ店が破産したケース

値引きを繰り返し新鮮さが消失、半額狙いの消費者が増えていったという。

クーポンなど販促ツールは取り扱いがポイントになりますね。
高いから売れない、売れないから原価割れしても値下げする
値下げすると反動がサービスに跳ね返る
まさにデフレスパイラルではないか?
ちょっとずつ事実誤認があるな。チケットを取り入れたのは、店頭で「通常価格の半額」とうたいまくってたのが景表法違反じゃないかと言われたのが原因。自転車で行ける小型ステーキ店というコンセプトは面白かったと思います>
だからキャンペーンのマンネリ化は良くない。特にデイリーで必要になる生鮮食料品とかじゃないならなおさら。
安売りは身を滅ぼすし、そういう時しか来ない客は根付かないってことか。
安売りやクーポンには理由が必要なのです。
それは例えば、「水曜日は客が少ないから、玉子が半額なのね。」と消費者が勝手に納得する理由でもOKです。
理由もなしに安売りをすると、消費者としては安売りの時に買わなければ損と考えます。
ケネディ潰れてたのか。確かに半額の時に行ってた記憶。
あー蒲田でもずっと半額!だったから気になってた。半額以降、逆に客減ってたように見える
>カネディー家の呪い それだ!!www あ、いや、笑っちゃいかんのか。
体力無いとこが値引き戦略して良いことないよなぁ。
価値まで値下げしちゃったら挽回難しいもんなぁ。
度を超えた割引は自身の価値すら下げるからな
半額チケットのために、色々な経費を削減し、食べ物の質やサービスが悪くなりお客さん離れがおきたんでしょう。安くすればいいは店側がお客さんのことを考えず、思考停止でしかない。
「安売り」ってのは客の質自体を下げるんだよなぁ。一度離れた層ってのはなかなか戻ってこないもんですし。
セールは副作用の強い強力なドーピング剤…
セール自体は悪ではないがご利用は計画的にだねえ
6%じゃないと回さないみなさん
ステーキ半額チケットをやたら投函してたケネディ、倒産してたのか。半額でもリピートしたくなる程度の旨さじゃなかったからなあ…
。『ステーキはここ数年、大流行している。なぜ経営に失敗したのか。その背景には「ステーキ半額券」の存在があった――。』その通り!あとカウンターや二人席増やした方が良かった!w
半額の次の手がなかった為潰れたか。一時的に売上あがってもそれだけなんだよね。なるほどなー
確かに世田谷住んでたとき、よく半額チケットが投函されてた気がする。
サービスの提供が課題だったのに、値引き商法をするのは明らかな間違い。ステーキの需要が増えた時、下級な肉やサービスを供給したのかも。
マーケの教科書に出てきそうな事例だ…。クーポンありきになってしまうと厳しいよね。
飲食業界厳しい!

livedoor: 利用者「半額でなければ」.
番組終了通知の代わりにポストに入ってること、ケネディの割引券の記事。
悪い見本
「高額な商品=いい商品」
という先入観というか「刷り込み」が私たち人間の心の中にはあります。

「影響力の武器」に書かれていましたが、サッパリ売れなかった観光地の土産物を2倍の価格にしたら、あっという間に売り...
「50%オフ」のCMでおなじみの90年代に札幌圏で展開していた焼肉昌苑と同じパターンかな。今思うと景品表示法上どうよという気もするけど。
>「半額でなければ食べに行かない」という利用者が増えていった
笹塚のケネディ跡地は今ふたごになってますw
--
ウーロンハイが原因ではなかった(そらそうだ) / “ Online(プレジデントオンライン)”
懐かしのケネディ
なるほど!だからいきなりステーキ(TOKAI)の株があがっていたのか!!
値下げは愚の骨頂?

Online: 半額チケットを配りまくったステーキ店の末路 「安くないと食べない客」に蝕まれた.
クーポン利用でしか、利用してなかった俺。申し訳ございません。
うん
以前住んでた家の近くにKennedyがあって、半額券がポストに入ってたときのみ行った
一度ガッツ石松さんが客として来てて驚いたw
割引券で3割で行ったら半額券なら良かったのにね
Online) - ニュースパス
クーポン濫発して失敗したマクドナルドみたいだね(
思い出すのは…焼肉昌苑。
しょーえんっ しょーえんっ!
主力商品の無茶な値引きは、経営じゃ絶対ダメな事なんだよね…
「その値段までは下がるのが当たり前」と思われると、値下げ前の値段が高く見えてくるからね…。

セットライス無料。位に抑えていれば…
トラジニクの日半額早よ復活して…

-
だから値引き勝負はリスク高い。値段だけで勝負はある意味消費者なめてると思うけど。

Online: 半額チケットを配りまくったステーキ店の末路 「安くないと食べない客」に蝕まれた.
昔住んでたとこの近所にもあって、一度行ってみようかなと思っていたところでいい感じのウッドデッキだったところを趣味の悪い青いペンキに塗りたくられてなんだこの店と思って行くのやめた。
>ステーキ半額セールで集客を図り

>ネットなどでも割引キャンペーンが話題となったが、繰り返し定期的に行なわれることで新鮮さはなくなる。消費者の関心は次第に薄れ、「半額でなければ食べに行かない」という利用者が増えていった。

何の業界でも同じよね
創業者の娘が代表就任した後の4年間、順調に店舗を拡大する一方で、そのスピードと合わせて品質の高いサービスの提供を続けることが難しくなる。経営管理や人材教育に課題が見え始め、一時出店をストップ。
ケネディ懐かしい!潰れていたのか…/
レジで並んでたらみんな半額券出していて俺たちだけ定価で食ってるのかって思ってそれ以来行かなくてなった
ステーキケネディ
もともと半額の価値しかないステーキだったのだろう😭😭😭
「創業者の娘が代表就任した後の4年間、順調に店舗を拡大する一方で、そのスピードと合わせて品質の高いサービスの提供を続けることが難しくなる。」

半額、割引癖つけるとこうなるのよね
ここ東京いるとき確かによく半額クーポン入ってたからよくいったな

残念。
@tos グルーポンかなと思ったら違ったけど似たような話だった。
「半額でないと行かない」なんて生ぬるいわ、(ほぼ)無料でないと行かない優待族を見習いなさい。

半額チケットを配りまくったステーキ店の末路(プレジデントオンライン)
ケネディ…
安売りで集客した客は、安売りでしかつなぎ止めれない。安売りで集客できてもそれは一時的なもので、すぐに効果は薄くなるって思う。価格競争に参戦したらやっぱり良くないですね。
どっかの家具屋を彷彿と
半額チケットを配りまくったステーキ店の末路(プレジデントオンライン)
パズドラ がこうならないことを祈る
確かに半額の時にしか行ったことなかったわ…
たしかにケネディは、わがやでも半額チケットがポストに入ってたら「そろそろ行くか」ってなる存在だった。
かたやいきなりステーキはなにもなくとも「よし行くか」ってなってる。

利用者「半額でなければ」.
川鍋にとってはただの対岸の火事()
たしかに安い時しか行きませんでした。
さーせんしたーww
---
ファストファッションの50%OFFと同じ。半額でなければ買うのがバカに見える。
あ、KENNEDYって閉店してたんだ(。・ω・。)前職のときよく食べに行ったなぁ。金曜の仕事上がり(10~12時ごろ)に上尾からクルマすっ飛ばして高島平のあたりへ。夜中にステーキとか食ってりゃ太るわなw
メモ→ 一度利用すれば良かった(^^;
684 本当などの業界でも絶対は無い。値引きばかりになるとその価値にしか感じられなくなるんだろうね。静岡県のハンバーグのさわやかのフェアの時は混みすぎて行く気しないけど、普段でも混んでるからすごい。
大学生の時、アパートのポストにいつも半額券が入っていた。半額券があるから行ったけど、半額券がないと絶対に行かなかった。 そういう意味では自分も「安くないと食べない客」だった🥩
スポーツも同じだな。
無料券 じゃないというのが…
え!?ケネディいつのまに??
池袋時代には何度か行ってたんだけどなぁ。
クーポン券、何度もそのお得感を体感して染み付いたら、通常価格では財布は出さないよね。

個人的にマクドナルドですらクーポンないとほぼ買わないし。

-
近所にあったなぁ
ふるさと納税の肉もそうなるんじゃない?しらんけど。
【 「安くないと食べない客」に蝕まれた】 安売りに走るのは典型的な素人経営と言われるけどまさにそれ。安売り割り引きは麻薬みたいなもんなんだ。最初は効いてる!気持ちいい!と思う。でもすぐみんな慣れて効果が薄れる。
以上

記事本文: 半額チケットを配りまくったステーキ店の末路 「安くないと食べない客」に蝕まれた | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

関連記事