TOP > その他のニュース > 少年A「ショックレスハンマーと狂気の部屋」 文春が追いかけた酒鬼薔薇聖斗 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

少年A「ショックレスハンマーと狂気の部屋」 文春が追いかけた酒鬼薔薇聖斗 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

※本稿は、松井清人『異端者たちが時代をつくる』(プレジデント社)の第6章「『少年A』の両親との20年」の一部を再編集したものです。一人の少年の犯罪が、社会にこれほどの衝撃を与えた例はないだろう。第一の犯…...

ツイッターのコメント(20)

昔、少年Aが出所するときに「世間が自分を受け入れてくれるか不安だ」と周囲に漏らしていた、と聞いて"あたまがおかしい"と思ったきおくがある、
当時14とはいえ、やり切れない事件
確か直ぐに少年院を出所した
生駒市に住んでるって本当?
1997年、神戸市須磨区で起こった連続児童殺傷事件。2年後、加害男性「少年A」の両親は手記を出版した。その背景には、当時『週刊文春』記者で、土佐犬と共に育ったという森下香枝氏の存在があった――。/
この記者は出世したが、取材対象とアプローチの仕方を一歩間違えたらストーカー行為と何ら変わらない。
"それは、自分が無価値なら他人も無価値であるべきである。無価値同士なら、お互いに何をするのも自由で、この世は弱肉強食の世界である。自分が強者なら弱者を殺し支配することも許されるという独善的な理屈であった"

リバタリアンも存外こういう理屈なのかも
親の手記と元少年の本を読みましたが…キツかった。これが日本の「普通の家族」なら誰もが少年Aになり得ると妙に納得した。印税口座が遺族に開放されていて全額賠償に使われているとは初耳だ。 / “ 文春が追いかけた酒鬼薔薇聖斗…”
きみがさくやま。
こっち。
☆猫への憎悪のつもりが実は人間への憎悪を置き換えてたりする事もある。 深層心理って自分で簡単に解らない。だからこそ小動物への虐待をシグナルとして人への事件に発展させない事が大事。
は育った環境、親関係なく、この少年Aが言うように生まれ持った性の奴が一定数はいる、と誰かが言ってた…
Aのお母さんの本、図書館で見かけたんだよね。読んでないけど。もう当時のこともよく覚えてないくらいだけど、Aは同い年くらいだった気がするからなぁ。お金の話も気になるところ。
酒鬼薔薇聖斗と京アニの犯人を比較してしまう。でもそのショックさのわりには酒鬼薔薇聖斗は世に放たれている
夏になると戦争とともに思い出すサカキバラ。たぶん、見た目がデキそう。だから思い切った教育ができないのでは。少年A「ショックレスハンマーと狂気の部屋」(プレジデントオンライン)
翌25日の昼間、金ノコで頭部を切断し、自宅へ持ち帰った。

 26日深夜、自分が通っていた中学校の正門前に、頭部を遺棄。自筆の声明文を、口にくわえさせていた。今も記憶に残る、あの声明文だ。
阪神の糸井や石井一久、岡田彰布元監督、原監督、ハリさん、イチローなどなど、少年A以上の狂人はたくさんいる。

少年A「ショックレスハンマーと狂気の部屋」(プレジデントオンライン)
少年Aの父親は長く勤めた会社を辞め、退職金をすべて差し出したが、それだけではとても足りない。そこで羽柴弁護士が、本の印税専用の振込口座を開設し、被害者の遺族がいつでもチェックできる
当時はわざとこんな字書いて
撹乱させてるのかと思ってたが
よくよく考えるとこいつは
発障&アスペなんだろな…

少年A「ショックレスハンマーと狂気の部屋」(プレジデントオンライン)
1997年、神戸市須磨区で起こった連続児童殺傷事件。2年後、加害男性「少年A」の両
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR