TOP > その他のニュース > IT大国インドの強さは"60点主義"にある | プレジデントオンライン

IT大国インドの強さは"60点主義"にある | プレジデントオンライン

30コメント 登録日時:2019-06-12 09:03 | プレジデントオンラインキャッシュ

なぜインドは「IT大国」として成長できたのか。現地でコンサルティング会社を経営する野瀬大樹氏は「日本人は何でも『100点主義』ですが、…...

Twitterのコメント(30)

@akiosan_ne_ ぼく自身も家族や学校で、できないことを過剰に責められ育ったせいで、自分に自信を持てない成人になってしまいました。「自己肯定感が低い」というやつです。なんとか生まれ変われないかと、最近いろいろ試しています。

あ、この記事読んで良かったですよ。↓
ひろゆき感ある。おそらく違うけど
『不具合を訴える声をオンラインで集めそれをもとにどんどん改善..』
巧遅と拙速は、使い分けが大事ですね。
全てを準備をして「これなら大丈夫! 失敗しないよね」と言うことが見えてこないと動けなくなってしまった日本。60点くらいで「やってみる」と言うインド。スピード感からして大きな違いがありますね。
なるほどですねぇ。スピード早いわ。
IT大国インドの強さ「60点主義」100点でなくてもキックオフする -

"このスピード感は、かつて次々と世界を席巻するプロダクツを生み出していった、まさに本で読んだ昭和の日本企業そのものではないか"
「ITは新しく生まれた産業なのでカーストの枠組みからはずれている」「日本人は何でも『100点主義』ですが、インドは『60点主義』。それだけ行動が早いので、世界中からお金と技術が集まる」「儲かりそうならすぐ動く、問題発生したらオンタイムで解決する」
この60点主義で、まずやってみる、というのが大事なこと、か。。
日本の製造業の最大の弱み。> | プレジデントオンライン
…とは言え、インドも徹底した学歴社会ではあるため、60点主義でも個人の実力は相当高い。語学と数学に強い時点でもう最強なんだよね。
60点主義という言葉がいいのかは分からない。
でも今、インド圏のネパールの方と仕事していて感じるのは、とにかくやってみるスタンスですごい仕事しやすい。そういう意味では100点主義の普通の...
躍進要因は「カースト制」と「60点主義」
ITは新しく生まれた産業なので、このカーストの枠組みからはずれている。そのため、どんな身分、出自の人でも参入できる。
日本人の『100点主義』に対してインドは『60点主義』。
実行スピードがとにかく早い。進歩が早くなっている時代では
市場に出して反応をみてから次のアクションを取るほうが効率的。
なるほど同感! 「60点主義は動きが速いので、お金が集まる」
明日の仕事は60点満点目指してやってこ!
問題が起きたらそのとき解決しよう!
大切なのは行動すること行動しなかったら何も始まらない。
分かっていても実際は難しい…
プレジデントオンラインさんで今週も記事書いてもらいました!
なぜインドがITに強いのか、
世界的企業がインドに拠点を設ける理由が分かりやすく書かれた記事✍️

“日本人は何でも『100点主義』
インドは『60点主義』
それだけ行動が早いため世界中からお金と技術が集まる”

🇮🇳
これよ。ほんとこれ。これなんだよ。
インドの60点主義。製造業と違い、出してからユーザーの声を元に改善できるITと相性がよかったこともIT産業躍進の鍵だったとのこと。
100点を一個作るよりも、60点をコンスタントに生成するほうが難しいと感じたことは、結構ある。
書評・紹介続々の話題の書『お金儲けは「インド式」に学べ!』の著者、野瀬大樹さん @hirokinose による、プレジデントオンライン @Pre_Online 第2弾の記事が掲載! 第1弾に続き早くもアクセス殺到!! IT大国インドと日本の明らかな違いとは? 是非ご一読ください!
これも同感だな。
子育てでもこれは感じる。
@nk_hachi 男性は心を病んでいても頼る先がないのかな、女性と比べて。でもそれ分かるわ。以前の苦しかったとき、助けてくれる人はいなかったもんなあ。(だから本やお寺に頼ったのだけど。)

インドのこの記事読んでたら、日本が沈んでいく理由が改めてよく認識でけた
| プレジデントオンライン
なぜインドは「IT大国」として成長できたのか
なぜインドは「IT大国」として成長できたのか。現地でコンサルティング会社を経営
以上

記事本文: IT大国インドの強さは"60点主義"にある | プレジデントオンライン

関連記事