TOP > その他のニュース > 昭和セクハラ職場が男にとっても辛いワケ | PRESIDENT WOMAN | “女性リーダーをつくる”

昭和セクハラ職場が男にとっても辛いワケ | PRESIDENT WOMAN | “女性リーダーをつくる”

11コメント 登録日時:2019-06-09 06:03 | プレジデントオンラインキャッシュ

※本稿は、白河桃子『ハラスメントの境界線』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。◦佐々木さん(20代後半・食品会社勤務)◦羽田さん(30代前半・生命保険会社勤務)◦近藤さん(30代後半・メーカー勤…...

Twitterのコメント(11)

上意下達しかしないくせして、そう言う奴に限って「報連相」をとかく言ってくるアホらしさ。そんな奴を飼っている会社自体価値のある職場か考えるべきで、精神衛生の為にも拘り無くドンドン辞めた方が良い。
経営者よ、これが実態よ。
あなた方には笑顔で頭を下げてるけど、下の者には顎で使ってるやついるんですよ。
セクハラ職場にはパワハラも? 職場はハラスメントを許す環境、風土を変え、個人は意識改革が必要。
「究極のセクハラ対策は、決定権のある女性が増えること」…結局、問題はここなんだよ:セクハラ職場にはパワハラも?
セクハラ職場にはパワハラも?
本質は自己肯定感の奪い合いな気がするなぁ。
40代50代も若手の頃に自己肯定感ガリガリ削られて、それを埋める為に削る側にまわってるんじゃないかな。
特に40代から上がってのは家も同じだな。
なんのためらいもなくそういう事を言ったりする。
女性へのセクハラがひどいところは、男性へのセクハラもひどいと思います。モラルの無法地帯という感じで。
は男性の社会にもある。それに光を当てた、いい記事。
“長時間拘束して無駄なミーティングを何度も何度もするのが日常茶飯事。普段も、上が帰らないと帰れない雰囲気が当たり前。みんな延々と無駄な残業して”

@shirakawatouko
それはパワハラも同時に存在するし、普通ではないものに対する許容度も低いから。誰にとっても生きづらい職場。
- 女性営業・怒りのセクハラ座談会② 「セクハラに遭ったことのない人はいない」と言われる女性営業職のみなさんに、実際に経
以上

記事本文: 昭和セクハラ職場が男にとっても辛いワケ | PRESIDENT WOMAN | “女性リーダーをつくる”

関連記事