TOP > その他のニュース > お金持ちが"歴史・哲学"を学び続ける理由 | プレジデントオンライン

お金持ちが"歴史・哲学"を学び続ける理由 | プレジデントオンライン

19コメント 登録日時:2019-06-15 11:43 | プレジデントオンラインキャッシュ

▼趣味を披露教養を身につけろ、とはよくいわれますが、まずは教養という言葉の定義を考える必要があります。教養とは文字通り、「教えで人…...

Twitterのコメント(19)

『生き方に関する価値観を、「他人に認められたい」といういわゆる承認欲求から離れて確立することです。』

これを親視点で見るならば、承認欲求に縛られない大人になるために自己肯定感を醸成させることが大事、となるのかな?
メモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモ
教養って知識がある事かと思ってた。。。

人間の本質に対する理解がある人を教養のある人と呼ぶ、
尊敬する先輩達は確かにそうだ。
>海外の金融業界でもトップクラスの人は歴史や哲学を専攻した人が多い。

確かに相場の動き、ひいては世界中のトレーダーの本質的な部分の理解するには哲学や歴史の勉強も必要なのかも・・・

深い🤔
同感。どこで生きるにも、大切なことだ。「教養がある人とない人の差を考えてみました。いろいろありますが、3つ選ぶとするならばまず視野の広さ、次に承認欲求を満たすことに縛られない、確固たる価値観の有無、そして人間の本質に対する理解の3点です。」
後で、読む用。
じぶんようめも。この世界をサバイバルするためのメソッドとして、いまなお仏教は有効。
内集団バイアスはあるかもね。教養の矛盾という点では、読書をするほど自分の頭で考えなくなる。ショウペンハウアーが指摘した読書の陥穽だな
「人間の心の本質を研究するのが趣味」尽きせぬ楽しみですよね。「仕事のかたわらに歴史や哲学、さらに心理学についての知見を嗜むことは人間、ひいては自分自身の本質的な性質を学ぶうえで貴重な機会を提供してくれるでしょう」
参考資料→一流ビジネスパーソンが歴史や哲学を学ぶ 人間の本質に迫る学問のため
人間の本質や歴史を知るって、僕も好きで自分のためにコツコツと探究してる。それが誰かのためになるって小学生の頃から知ってた。でもま、それも受けとる側次第だもんね。お釈迦様もそれを理解したから説いて回った。
僕もたゆまず精進精進(*´人`*)
人間の心の本質を研究するのが趣味 | プレジデントオンライン
この記事共感できる。他人に認められることばかり気にするのではない。
- 人間の心の本質を研究するのが趣味 (PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾)
一流ビジネスパーソンが歴史や哲学を学ぶ 人間の本質に迫る学問のため
あれ、昨夜山口周さんが仰られていた、役に立つ→意味がある、と同じ趣旨のような?
以上

記事本文: お金持ちが"歴史・哲学"を学び続ける理由 | プレジデントオンライン

関連記事