TOP > その他のニュース > 月定額で全乗り物乗り放題の時代がくる | プレジデントオンライン

月定額で全乗り物乗り放題の時代がくる | プレジデントオンライン

19コメント 登録日時:2019-06-10 10:19 | プレジデントオンラインキャッシュ

自動車業界が「MaaS」(Mobility as a Service)に取り組んでいる。トヨタ自動車は現在を100年に1度の変革期と位置づけて、「モビリティの…...

Twitterのコメント(19)

@_3nami なかなか興味深い記事を見つけたw
ヘルシンキ、バスとかもアプリでスムーズなんだよな。東京月6-7万なら一瞬で契約する。
/全然
これほしい

| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
車を手放した今、あったら嬉しいサービス。
ヘルシンキでは1割のユーザーが利用してるって凄いな…。
本当にそれって求められてるのか?って気持ちは少しある。
月に6万もタクシー乗ってないけど全然払ってもいいな。同じようなサービス日本でも欲しい

> 月額499ユーロ(約6万3000円)のプランなら、タクシーは5キロ以内という条件で、前出のモビリティサービスが使い放題だ

月定額で全乗り物乗り放題の時代がくる| PRESIDENT
whimに取って変わるアプリケーション開発力、またはゴールドラッシュ時代のツルハシ屋になりうる会社。この辺りに視点を置いてみよう。
運転手という仕事がなくなるのかな。。。
これは面白い記事

Discover(Google)から
「不動産業界も影響を強く受ける業界の1つだ。都心から同じ距離にある町でも、MaaSが整備されて移動しやすい町と、そうではない町では、不動産の価値は大きく変わってくる。」
MaaSは、日本では首都圏よりも地方都市(人口50~100万人)のほうが導入しやすいとのこと。首都圏でやろうとしたら、レベル1(情報の統合)でもなかなか進まない。地方都市だと事業者が限られるのでレベル1まではすんなり進むそう。
携帯みたいに、車月定額で全乗り物乗り放題の時代が来たら、確かに乗り倒したくなるから、この梅雨の時期は使いっぱなしになる。。

ニーズあるから業者増える、移動距離増えるとなると、確かに車の販売台数変わらない可能性あるかも。やはりニーズの変化に合わせるが正解?
所有する時代ではなくなるということで、もしかしたら10年後はそんな時代に!?
月額費用の多くを占める交通。が、通信に引き続き革命⚡を起こす?
以上

記事本文: 月定額で全乗り物乗り放題の時代がくる | プレジデントオンライン

関連記事