TOP > その他のニュース > 駅前から消えたブックオフが急回復のワケ | プレジデントオンライン

駅前から消えたブックオフが急回復のワケ | プレジデントオンライン

ブックオフグループホールディングスの業績が回復している。経営陣の思い切った改革が奏功した。特に評価できるのは、店舗戦略の大転換だ。…

ツイッターのコメント(16)

30冊近い美術全集を、たった10分見ただけで買い叩くんだから
そりゃ、収益上がるわな・・・

いくらで売るんか知らんけど😤😤😤😤😤
@Shingo_Nakao みたいですね、おもちゃなんかもよくみますね。
この記事で最近の動向を知りました
yahoo,楽天は再生してほしい。
かつてショッピングサイトでの
価格競争等見る人は見ています。
協賛以外の大きな話題性が見たいです。
駅前から消えたブックオフが3期連続の最終赤字から急回復のワケ 〜駅前(好立地重視)から「郊外大型店」に切り替えて、固定費(地代)を削減。郊外では家族連れを集客、駅前店舗では買い取りを重視〜
3期連続の最終赤字から、一転して大復活
2017年に経営者が変わって以降、同社は従来の発想を改めた。具体的には、不採算店舗の閉鎖が進められた。それと同時に、経営陣は、駅前などよりも、郊外に比較的大型の店舗を出すことを重視した
家賃の高い駅前店から郊外店にシフトすることで固定費を削減、が筆者のいう「急回復のワケ」だというんですけど、それだと利益向上は説明できても売上そのもののV字カーブの説明にならなくないっすか。 / “ | プレジデントオンライン”
「リーマンショック後のブックオフには、以前のような勢いがなくなってしまったように思う。最大の原因は、同社がITプラットフォーマーの登場という変化に適応できなかったことだ」。/
ブックオフもデジタル・ディスラプションを受けた会社の代表例だと思うけど、この記事をみると「リアルはダメだからデジタルトランスフォーメーション」というのは、安易な気がしてきた。リアルならではの強みをしっかり理解したい
駅前から撤退したブックオフが急回復 固定費削減で営業利益増 久しぶりに店舗言ったけど
立ち読み客が大杉、駅前・駅付近・・・まぁ買わない客で混んでる
近郊へ大型化は良いかもねぇ
でもエコ(地球温暖対策)のためにも本と新聞は買わない!!
駅前から撤退したブックオフが急回復 固定費削減で営業利益増
ブックオフが業績回復しているようだが、経営者が損切りの決断できていることが大きい。業績厳しい企業に見られる現象の一つが、赤字部門、赤字店舗が足を引っ張っていること。部門の回復見込みがなければスパっと損切りできるか、とても重要。
ブックオフグループホールディングスの業績が回復している。経営陣の思い切った改革が
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR