TOP > その他のニュース > メジャーが注目する"岩手と剛速球"の秘密 | プレジデントオンライン

メジャーが注目する"岩手と剛速球"の秘密 | プレジデントオンライン

13コメント 登録日時:2019-04-18 09:16 | プレジデントオンラインキャッシュ

岩手県・大船渡高校の佐々木朗希投手が日本人歴代2位の球速163キロを記録し、「令和の怪物」として話題になっている。ここで注目したい事実…...

ツイッターのコメント(13)

まぁ、県名が岩手っていうくらいだし。岩のような手で投げたり打ったりという事かな。

| プレジデントオンライン
@symcopate01 まじで?w 田舎はそんなもんな気がするけどね。あの環境を同じように過ごしたらもう後輩。今度は大船渡高校に佐々木ってピッチャーがいるらしく、こいつも怪物らしいよ。岩手に何があるのか。
ほとんどの中学で部活が全員加入制であることはどうなのだろう
酷使させられ潰された大器はいないのか?
大切に育て、大成させる…このマインドをわすれてはいけませんね。
『投手向きの好素材の人材を大切に育て、大成させようというカルチャーがある。』
プレジデントオンラインにも「メジャーが注目する"岩手と剛速球"の秘密」の記事。メジャー球団スカウト騒然「Iwateはすごいところだ」の見出しも💡
15年前とかなら東北地区は宮城青森以外弱かったのでレベルは劣るって言えたかもだけど、近年は優勝こそないもののベスト4とかよく入るようになったので、よく取材せず思い込みで書いてるのが分かる記事
東北と野球の関係。面白い考察。勉強になります🤔【記事抜粋】「大谷が出て、菊池が出て、今度は佐々木か。彼らを輩出した日本の岩手という土地はすごいところだ」と、まるで金脈鉱山を見つけたように「Iwate」を探究しようとする人が出てきたというのだ。
「メジャー最速=人類最速は、チャップマンが2010年に記録した169キロ。佐々木はプロ野球でも歴代2位にランクされるスピードボールを高校生にして投げてしまった」との記事。
チャップマンの記録まであと6キロ。夏までに体を鍛え、甲子園でアドレナリンが出たら…?
- 「令和の怪物」佐々木朗希誕生の裏 岩手県・大船渡高校の佐々木朗希投手が日本人歴代2位の球速163キロを記録し、「令
以上

記事本文: メジャーが注目する"岩手と剛速球"の秘密 | プレジデントオンライン

関連記事