TOP > その他のニュース > 韓国に「武士の情け」を見せる日本の甘さ | プレジデントオンライン

韓国に「武士の情け」を見せる日本の甘さ | プレジデントオンライン

レーダー照射問題などで日韓関係が悪化する中、「大人の対応」で譲歩し続ける日本。余裕ある態度を取るのはなぜか。歴史著述家の上永哲矢氏…

ツイッターのコメント(32)

「武士の情け」って「介錯」じゃあないのかな?止めを刺すのって情けじゃないかな?
(3/3) | プレジデントオンライン

ぶしのなさけ、ではない
単に適当にごまかしてただけでちゃんとけりをつけられなかっただけ
後になって大事だと騒ぐだけ
阿吽の呼吸と言いながら有耶無耶な労働等を生み出す‼️
これはこれで悪くないけど、各国がエゴむき出しの昨今の情勢では立ち回りが難しくなってきているのは確か。
韓国には止めを刺すだけの尊敬を持てない。
意味が違う!
例え国益を害そうが武士道精神を亡くしてしまったら日本が日本でなくなる。
国際的には甘いと言われようと貫きたい。
それを韓国人は都合良く…日本には何しても、言っても何もしない…手も足も出さない国と解釈し、やりたい放題なのよ!
ビザ無し渡航廃止くらい発動してよね!
日本は奴らに散々侮辱されてるのよ!
そういう国もないと、東アジアはとっくに戦争状態になる可能性が高いと思うのだがどうだろう?
武士を美化して表現しがちだが、武士といったって所詮は勤め人。ズルく立ち回る連中だって少なくなかった筈だ。ここではそんなズルさのほうが必要かもよ。
実は武士の情けじゃないんだな。問題は国連安保理に移ったのwww文在寅にとっては本望だろうけど…
武士の情けで、助からない相手にはトドメをさしてあげることもある。韓国は助からないとこまで来ている。
いやいや、武士扱いしてやるなら、ちゃんと介錯してやろうよ
首斬り落として、キッチリ息の根止めてやらないと
「日本人は長く根付いた『武士の情け』を捨てきれない。その点が国際社会において『甘い』といわれてしまう部分なのかもしれない。」
背中から斬られるから止めたほうがいいぞ
武士道は残念ながらゾンビとの交戦経験はないようだ。ワラワラ湧いてくる相手に有限な時間を浪費する事ほど、無駄な事はないと知れ。
抗生物質も処方された分を飲み切らないと、耐性が出来てしまうでしょ。
それと一緒だと思いますよ。
これまでがそうでしたから。。。
根治しましょうよ。
この記事を韓国に読ませても理解不能だろうな。韓国に武士道や騎士道精神は存在しないのだから
日本の対応は優柔不断なだけ。
結局口先だけだったね。
潔さのカケラもないコレを武士に例えるなんて武士に対する侮辱でしかない。
「宋襄の仁」とは中国のことわざであるが、日本でいう武士の情けとは似て非なるものであろう。敵に情けをかけたために国が滅んでしまう無能な様を表わす。
甘い顔をするだけじゃなくて、
心を鬼にして、成敗するのも、武士の情けだと思うけどね。
「騎士の国」相手ならよいのですが、「ならず者国家」にはきちんと止めを刺す必要があると思います。
日本人は長く根付いた「武士の情け」を捨てきれない。
最近、僕は全く異なった結論に傾きつつある。それは日本の政治家、官僚、マスコミに韓国系日本人が相当入っているか、或は多くが半島人に弱みを握られ操られているのではないかということ。でなければ、今の政治の在り様を理解できない。つまり日本人は既に乗っ取られている。
いやなぜ日韓問題の話で
スポーツのフェアプレーについての話がでるんだ。
武士の情けなぞいらんわ。
全く無意味な外交を繰り返す日本外務省→
韓国の甘えを助長する日本の事勿れ主義。
レーダー照射問題などで日韓関係が悪化する中、「大人の対応」で譲歩し続ける日本。余
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR