TOP > その他のニュース > "劣化したオッサン"生み出す日本企業の罪 | プレジデントオンライン

"劣化したオッサン"生み出す日本企業の罪 | プレジデントオンライン

92コメント 登録日時:2018-10-09 09:12 | プレジデントオンラインキャッシュ

日本企業には「劣化したオッサン」が多いという。それは昇進の望めない人材でも、簡単には解雇されないからだ。このため「日本企業は人に優…...

ツイッターのコメント(92)

本当にそう思います。ザ日本企業にいる30代のオッサンオバチャン予備軍の方は、劣化しない為のラストチャンスです。
"社会学者の見田宗介は、現代社会を「まなざしの地獄」と評しました。相互が相互に銃弾のような眼差しを交わしながら、お互いの社会的な立場や経済力を一瞬で値踏みし、「勝った、負けた」の精神消耗戦を毎日のように戦っている、という地獄です"
単純な話、解雇規制緩和をしても、
職のあるうだつの上がらないおっさんが
職のないうだつのあがらないおっさんになるだけでしょう。
身も蓋も無い言い方だけどね。『結局のところ「あなたはここまで」と言われる年齢が早いか遅いかだけの問題であって、であれば、まだほかの道を選択できる若いときに...』 /
これ染みるわァ
40代の後半で、「あなたはこの会社ではこれ以上の昇進は望めませんよ」と言われても、その時点で取れるキャリアオプションはほとんどありません。
外資系企業にいると、自分の強みを伸ばしていくことを求められるし、それができる。もっと働きやすい環境を求めて転職することも、当然の選択肢になる。我慢して一つの会社に居続けるのは、会社も社員もお互い不幸。


@Pre_Online
この記事はキャリアを考える上で重要な視点を与えてくれるな

社会人が教えてくれない年功序列の闇
(5/5) | プレジデントオンライン
もう少し早くこれに気づきたかった。
そしてこういうオッサンたちがいる企業が嫌で外資系企業やベンチャーを志望する若い人も増えているんだろうな
早い段階で解雇で適性を教えてくれる外資の方が優しさを感じる。本来の自分があう仕事を見つけるのは若いうちだろうし悩む時間の無駄になるし。
私は「大きなモノガタリ」で昭和後期の幻想が存在することを前提にして20代・30代のときに社会適応したにもかかわらず、そのあと社会から裏切られてしまった世代。息子には人生100年時代をどう生きるかを伝えねば。
終身雇用は向いてない仕事を延々とやらされる飼い殺しのシステム。社内では威張ってられるが部下からは内心あきれられ世間的に使えない人になっていく。
該当するオッサンなのでドキドキしながら読んだら、肝心の「だからどうする」が一切書かれていなくてがっかり。新書買って読めってことなのか? /
なんで出世しなければならないって前提なんでしょう。暮らしてさえいければたかが会社の中での立場なんぞなんだっていいと思うんですけど
>つまり「自分を拒否する組織に残り、拒否されない人の活躍を見続ける」ことになるわけです。

そう、何百人もこんなおじさんを見て来た

まだ大人しくしているならこっちも何も言わないけど、プライドだけ高くて仕事に口を出してくると批判し返さざるを得ない

これこそ地獄
タイトルに釣られて読んだけど、おっしゃるとおり。
当たり前の事が書いてあるけど、技術系だと最初から狭い世界でやって行きたいと言う人もいるね。それでも劣化は避けられないが。
@Pre_Online
「その人の労働市場における価値は、人的資本と社会資本の厚みによって決まるわけですが、多くの人は会社の内部にこれらの資本を蓄積するため、資本が人質となってロックインされてしまう」
だからこそ、いまだかこそ #ossanchallenge なんです!

劣化したなんて言われないために!

団塊ジュニアが本気で動けばこの国は変わります!

いや変わるかも!

いや変えましょう!笑
これって、外資でも40代後半のキャリアオプションは無くなることは同じだし、外資は40代になれば解雇しないわけでもないのだから、全然救いになっていないのでは?
俺も早く仕事辞めてえ…
40代後半まで結果が出ないレースは怖すぎる。私は20代で気づいてたけど。
よく外資はすぐクビになるという話を聞きますけど、日本にいる以上アメリカのように簡単にクビにできるはずはないと思うですけど、、、実際はどうなんでしょうね?

>>
「人生3ステージから4ステージへ」には同意。でもオッサンの"劣化"は企業の問題じゃなく、"劣化する"本人の問題だと思うな。
会社放り出されても生きていけるスキルを磨くことを常に意識すべきだな🤔

あんまり会社に依存してはいけないね🤔
ならないように気を付けねば
それ→「40代後半になってからキャリアの天井にぶつかる日本企業より、若い段階で仕事の向き不向きが分かる外資系企業のほうが中長期的には有利だ」:
劣化した社員が多いのはそれこそ 社じゃないの?ロクでもない情報しか提供しないもの…
>
人生100年時代の働き方。完全同意です

劣化したオッサン"生み出す日本企業の罪 |
そうだろうか? ここで見てると50代前半から半ばで戦力外通知されて肩たたきされる外資系ホワイトカラーはほんとに多いけどなー。
(PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾)
会社生活を出世と競争という視点でしか捉えていない。浅薄。
>
>多くの人が100歳まで生きることになる。加えて、現在では年金制度の破綻がほぼ明確になっているなか、多くの人が引退年齢をこれまでよりずっとあとに送らなければならない状況が生まれます。

スキ...
解雇しやすい、転職しやすい社会のほうがよい、ということかな。
アラフィフなんて、まだまだなのね?
ひょええ〰(@_@;)
いやもうこの通りだよね…時代は変わった。働き方ももっと変わらないと
この筆者ネガティヴだなー笑

40代だろうが転職したら済む話
延々と1つの会社に居続けるのを前提にしてる笑
「劣化したオッサン」は、もう手の施しようが無いのだろうか。昇進出来なくとも食い扶持を得られるのなら、それはそれで利点で無かろうか。
3年働いたらみたいな発想出てくるのもそうだと思う。
劣化したオッサンをこれ以上増やさないために
この手の記事って必ず 企業からのお金でおかかえ
それで雇う側からの理屈しか言わない(それも意図的に

な人ばかりだから正直言って困るそもそもみんなこの
資本主義制度におけるキャリアアップ
なんて望んでいるのだろうか
これは違うね。うちの出世から外れた輩なんて何もしなくてもいい給料もらえるから周囲の目なんて気にせず、嬉しそうに定時で帰ることに注力してる。明らかに出世する人の方が大変。→
組織には全員昇進、管理職になれるわけではないのでは?
資格試験とは違うのでは??
ヤバイな…と感じる一方で。「大企業で出世街道を外れた人のほうが、趣味や家族を大切にできていて幸せそう。いいポストをチラつかされた自分のほうが息苦しい」的な話も世の中にはある。
「まなざしの地獄」なんて関係ないので「今の場所でソコソコにやってい」けば良いのではないかそれでも「劣化したオッサン」の大企業での給料は中小企業でバリバリやってる人より高いのでこんな人に騙されてはいけない
とりあえず、60以降も働かなきゃいけない現状になりつつあるなら、今の肩書きとか会社名にとらわれず、周りの人に愛されるように生きて、60歳以降お声がかかるように生きるのが宜しいですね。
いや、これね出来なくなる方も問題だと思うんだ、昇進しなくて責任ある役職もつかないで働いて給料さえ貰えればいいって考えでいるから40代なって窓際族になるんだよ
この記事をツイート読んでいる人は是非みてほしい。

「会社にだけ」頼ってお金を稼いでる人が失敗するとどうなるか。。。。

僕は怖くて一点張りはできない。
もっと ゆるっと考えられないものかなぁ。
適当なパフォーマンスをして、あとは気楽に仕事以外の時間を楽しみたいものじゃがのぉ
おう!だから早く死なせてくれよっ!
これは確かです。政府はこの事が、わかっていなさすぎ!働き方改革意味ないかも?
私見としてかなり共感出来るかな?😁
眼差しがどうとかじゃなく、それなりの地位にいた人が新人としてまた頑張れるのか?
中々苦しいだろうな。

私は独身で縛りが緩いこともあって飛び出たけど😁
(2018年10月9日掲載) -
綺麗で便利で優しい国なのに自殺率が高い訳➡︎見田宗介は、現代社会を「まなざしの地獄」と評しました。相互が相互に銃弾のような眼差しを交わしながら、お互いの社会的な立場や経済力を一瞬で値踏みし、「勝った、負けた」の精神消耗戦を毎日のように戦っている、という地獄
苦笑いしかできない /
若いうちにたくさん失敗して、劣化しないオッサンであり続けたい。
劣化したオッサンは派遣社員からも嫌われています。
なるほど…↓

社会学者の見田宗介は、現代社会を「まなざしの地獄」と評しました。相互が相互に銃弾のような眼差しを交わしながら、お互いの社会的な立場や経済力を一瞬で値踏みし、「勝った、負けた」の精神消耗戦を毎日のように戦っている、という地獄です。

@Pre_Online
読んでるだけで恐い。
生殺しみたいなやつかな
そんなに若者に媚びないと集客できないなんて無様ですね。外資系大手に10年以上居たけど、待遇なんて成績と上司受け次第です。厳しいか優しいかなんて、その時々で変わります。知らないくせに無責任に書かないでね。笑っちゃうから。
つまり経営者達は出世して喜んでいるだろうが、人質として飼い殺された多くの優秀な人達には恨み辛みが募ってしまう、と…。社会が暗くなる…。:
今、この本読んでるけどすごくおもしろい。
こうならないようにしなければ。

劣化した記事を生み出すプレジデントの様なメディア、他マスコミ各社の方が余程罪なのでは?
メディア・マスコミ各社は、そろそろ煽る前に自分を見直した方が良い。
" 組織が大きくなるほど出世の確率は下がる "
グサグサと胸に突き刺さりますw
社内だけでの自己価値だけで満足してたらこうなる。常に市場での自己価値を意識した行動をとっておかないとね。
外資が厳しいとか首切りのやつはたまに週刊誌ネタになるっぽいけど、実際にそんな雑なやり方は見たことが無いんだよね。コンプラ重視で解雇は案外難しい
「劣化したオッサン」が生み出される日本社会の残酷なメカニズムについて、プレジデントの記事が公開になりました。
ものは言いようだけど、こう言うコラムを出し続けて外資に若者を呼び込む作戦かな。
20年前にこれからは派遣と言う新しい働き方がキャリアを積む最善の手段って言いまくっていた識者、メディアを思い出すな。
これって官僚の事かしら?
みんなオッサンをディスるの好きだよね。
今更ですか(;_;)/~~~
出世して役員になることだけがキャリアなんだろか…一生ヒラはいけないことなの?
こういう煽り文章書く仕事しようかな。でもまあ、世の中少しずつ変わってるように思うけどな。劣化した人を抱え続ける余裕がないので。
言ってることは分かる。
だからこそ健康管理のためにも長時間労働とか家族を持つこととか、更に言えば長期的な資産運用が超重要になる。
"自分を拒否する組織に残り、拒否されない人の活躍を見続ける"

会社に居座ることはできるけど、果たしてそれで人生終わって良いのか、これからはより考えていかないといけない時代ですね。
記事タイトルは若干煽り気味と感じるけれど、若いときに向き不向きをきちんと把握することは本当に大事だと思う。
日本企業には「劣化したオッサン」が多いという。それは昇進の望めない人材でも、簡単
(PRESIDENT/a>) 日本企業には「劣化したオッサン」が多いという。それ
以上

記事本文: "劣化したオッサン"生み出す日本企業の罪 | プレジデントオンライン

いま話題の記事