TOP > その他のニュース > なぜ高校の首席は億万長者になれないのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

なぜ高校の首席は億万長者になれないのか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

世の中のありとあらゆる「成功ルール」を検証した全米ベストセラー『残酷すぎる成功法則』(飛鳥新社)。序章につづき、本書の第1章「成功…...

ツイッターのコメント(27)

実際に学歴フィルターで零れ落ちる層に優秀な人達がいる可能性は、こんな感じで少ないけどデータあるっていうね。

何社も選考に参加できてしまう、無意味な大量募集はじく方法考える方が良いんじゃないかな〜と思ってしまう。
言えてるかもですね…笑
これは要チェックだ。
優等生たちは、先見の明をもってシステムを変革するというより、むしろシステム内におさまるタイプだ。。。 → 米国人富豪の学業成績は「中の上」
ルールの中で、リスクを犯さず、勤勉、上手に戦っている人間は、ある程度成功するが、リスクをおかし、ルールを作る側の人間ほどの、大成功を収めることはない。これをいつの時代も、歴史は証明している。
「なぜ高校の首席は億万長者になれないのか」 出版をお手伝いした『残酷すぎる成功法則』の本文が一部公開されています。
首席でないからといって億万長者になれるわけではないw
この内容読むかぎり首席の人間はAIで代用がききそう
「勤勉だっただけで、賢い子はほかにいた」
主席ってvaledictorianか?
首席じゃなくても、億万長者になれるんだ(*´ヮ`)ノ よー!
がんばろーっと٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
すげーわかる。頭良いわけではなく単純にコツコツやるのが得意なだけ。ただそれはそれで凄いんだけど。
ちなみに私は高校の時下の下でした。
「プレジデント」という名前を掲げているのに読者層は…
「ルールに従う生き方は、成功を生まない。良くも悪くも両極端を排除するからだ。おおむね安泰で負のリスクを排除するかわりに、目覚ましい功績の芽も摘んでしまう」- PRESIDENT
私は賢くもなく勤勉でもない人たちなので、主席の人も偉いと思いますよね。→ 勤勉だっただけで、賢い子はほかにいた/ | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online:
やっぱゼネラリストはやめた方がいいな…
周りがドン引くほどの没頭ができなくなる。
バカになっちゃおうよ。
とんでもないところにいって楽しいぜw ?amp=1
ということは俺はなれる可能性がある!と読める!
皮肉なことに、アーノルドは、純粋に学ぶことが好きな学生は学校で苦労するという事実を見いだした。
学ぶこと多いな。ジェネラリストじゃなくてスペシャリティが評価されるのが社会。枠の中で一番綺麗に収まるのではなく、枠そのものを壊すのがいんイノベーター。現代の教育システムが周回遅れになってる感半端ない。
既存のシステムを理解してその中で相対的に良い場所で少しでも美味しい汁を吸おうとする秀才には、既存のシステム外にある億万長者のチャンスは掴めないって当たり前の話よね→
「優等生たちは、先見の明をもってシステムを変革するというより、むしろシステム内におさまるタイプだ」
米国人富豪の学業成績は「中の上」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR