TOP > その他のニュース > 日立、東芝、三菱重工「原子力御三家」は原発を捨てられるか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

日立、東芝、三菱重工「原子力御三家」は原発を捨てられるか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

25コメント 登録日時:2017-01-11 15:58 | プレジデントオンラインキャッシュ

国内「原子力御三家」3社が原子力事業の存続の岐路に立たされている。先細る国内市場、頼みの綱の海外も不透明。どうなる原発事業?...

ツイッターのコメント(25)

陰謀論やレッテル貼りしたいわけじゃないんだけどさーーー
三菱重工なんて昨日の武器日本市にもいたね

既存企業を生き永らえさせることばっか考えるので、「新規分野への投資」ができず世界に置いてかれる
<トップ > 企業経営 > 日立、東芝、三菱重工「原子力御三家」は原発を捨てられるか>

#原子炉 #軽水炉 #次世代炉 #三菱重工
原発に未来はない …となると 戦争で儲ける …に一気呵成に 突進するだろう…
経済しか見えない経済バカには、原子力の科学技術としての寿命がさっぱり認知できない?!「それぞれの難題」では無いから「原子力事業の統合」では解決できない。
@kantei
東芝の巨額な損失は
武器兵器原発売る死の商人の
政府保証と後押しがあってこそ
暴走した結果だ
国策会社の損失は全て国民負担になる
誰も喜ばないガラパゴス技術が
売れる訳無いだろ❗️
3社の海外事業は、受注にこぎ着けたトルコ、インド、リトアニアなどで相次ぎ暗礁に乗り上げている。打開策は、燃料事業での統合構想。
PRESIDENT Online
▶️ ⇒  ⭐️東芝、上場廃止に...⁉︎
PRESIDENT Online - プレジデント 2017.1.11(水)
経済ジャーナリスト 水月仁史=文
プレジデント(1/11): 「日立製作所、東芝、三菱重工業の国内原子力「御三家」が原子力事業の存続に向けた岐路に立たされている。福島第1原子力発電所の事故を契機に国内は先細りし…」
日本の防衛産業大丈夫か? 何だかヤバそう?
"3社は原発の燃料事業の統合で打開策を探るものの、さらに踏み込んだ原子力事業全体の統合への足並みは揃わない。昨年12月、海外原子力事業で3社はそれぞれ慌ただしい動きをみせた。
原発やめますか、それとも企業やめますか。
底なし沼に、足を突っ込んだやうだな。
◇見栄と無理が祟って展望ゼロお国は責任を取らない発電に核は要らないよ何かしらの動きはあるだろうエポックとなり得るものか!?
メルトダウン寸前 「沈みかけた船」に出資した三菱重工 マネー
国家戦略として原子力をどう扱うかという問題でもある。
人材は継続的に育成しないと急には育たない。
絶対、捨ててはいけません。。(-_-;)
プレジデント)

3社の海外事業は、受注にこぎ着けたトルコ、インド、リトアニアなどで相次ぎ暗礁に乗り上げ。
打開策が、原発で使用する燃料事業での統合構想だ。単なる延命策
日立、東芝、三菱重工「原子力御三家」は原発を捨てられるか: 福島第1原子力発電所の事故を契機に国内は先細りし、頼みの綱の海外も東芝が米国の原発事業で数千億円規模の減損損失を出すなど不確実性を強め、出口は遠退くばかりだ
プレジデント:    再建の危機に見舞われかねない東芝を挙げるまでもなく、3社は国内外で激変する事業環境に耐え、座して待てるだけの体力を維持できるか…
無理じゃないの…
日立製作所、東芝、三菱重工業の国内原子力「御三家」が原子力事業の存続に向けた岐路に立たされている
以上

記事本文: 日立、東芝、三菱重工「原子力御三家」は原発を捨てられるか | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

関連記事