TOP > その他のニュース > 為末大「厄介な人とはあえて『向き合わない』ススメ」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

為末大「厄介な人とはあえて『向き合わない』ススメ」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

難題に出くわしてこんがらがってきたとき、一旦逃げて距離をおき、零細に眺めるコトが必要。逃げてみたからこそ気づくコトがある。

ツイッターのコメント(26)

為末大「厄介な人とはあえて『向き合わない』ススメ」:PRESIDENT Online - プレジデント
アスリートとして、これ以上ない程に競技を追究し、現役を続け、"修羅場"をくぐった人間だからこその境地ってことなのかな。
為末大「厄介な人とはあえて『向き合わない』ススメ」:PRESIDENT Online - プレジデント
人の悪いことを言う者がよくある。その所に、もしいたら、なるたけ逃げよ。陰で人を助けよ。(教祖さまのみ教え)
この「言う者」には自分も入ると思っています。悪く思ってしまうとか。
悩みどころを間違えないことがダイジです。今週末の出版記念イベント(豊洲、ッ横浜)にもぜひおいでくさい!⇒
問題が問題として存在するためには、それを問題だと感じる価値観が必要になる。ところが、よく考えてみるとその価値観が本当に自分のうちから出てきた価値観かというとそれがあやしい。
なんでも解決しなくてはいけないと思わないこと
見切りをつけてコストをかけるところを精査しないとですね。
人生の時間は限られている。自分の能力と労力も。
そうそう🎵向き合わない
「真面目な人は…すぐ解決に取り組んでしまう。または問題があるにも関わらず取り組んでいない自分を責めるようになる。そうして問題をいかに解決するかの為に毎日が埋め尽くされ、気がついたら自分が多くを背負ってしまっている」
〈スポーツのスランプにおいて、本当の問題は実力の低下ではない。もうおしまいだという考えから自分が抜けられなくなるコトだ。〉
同意。特に職場の「厄介な人」は、ケアしようとすると却って反発する事がある。俯瞰と直面!→  こんがらがってきた時、そこから一旦逃げて距離をおき、冷静に眺めるコトが必要 :
この考え方でいい!
いいこと言ってます 厄介な人 厄介な自分の気持ち ちょっと距離をおいてみよう。(できるかな、、)
ホント、現実はマンガのようにはいかない……6/18、為末大さん『逃げる自由』出版記念イベントを行います!詳細は記事の最後に。→厄介な人とはあえて『向き合わない』ススメ
現実との距離の取り方が重要。そのために逃げるコトが必要な場合もある。全ての事に正面から向き合わなくていい場合もある。
チェック。
@Pre_Online 「問題の解決の前に、その問題は本当に解決すべきものなのかをよく考える必要がある」確かに。
見出しだけ読むと誤解するけど、必要ならどうしたって向き合わないわけにはいかないので、要するに、必要無いことはするなと言っているだけ。
俺はかかわろうとはしなかったですね。そういう人がいたときは。 /
本当の問題は実力低下ではない。もうおしまいだという考えから自分が抜けられなくなるコト。そして「絶対にうまくやらなければならない」という呪縛 ⇒ 【逃げる自由】為末大
『真面目な人は本当にそれは問題なのかを考える前ですら、すぐ解決に取り組んでしまう』これは本当にそう思います。放っておいても大丈夫、を知る大切さ。>
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR