TOP > その他のニュース > 鈴木敏文・セブン&アイ会長辞任の「本当の理由」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

鈴木敏文・セブン&アイ会長辞任の「本当の理由」 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

コンビニを生み出し、カリスマとして君臨した鈴木敏文氏が辞任を表明した。氏を取材し続けたジャーナリストが辞任の真相を分析する。

ツイッターのコメント(62)

「未来が過去を決定し、現在を生成する」「過去が今を決めるのではなく、未来というものを置くことによって、過去が意味づけされ、今が決まる」
鈴木敏文・セブン&アイ会長辞任の「本当の理由」:PRESIDENT Online - プレジデント @Pre_Online
セブンイレブン鈴木氏が退任に至った理由が「未来に起点に現在を考える鈴木氏」と「過去や現在の延長線上で未来を考える周囲」の衝突にあったと捉える視点が面白い。これを乗り越えるためには目指す姿のすり合わせが必要だが、業績が良いと後回しになりがちな気がする。
過去から発想するか、未来から発想するか
鈴木敏文・元セブン&アイ会長

「過去が今を決めるのではなく、
未来というものを置くことによって、
過去が意味づけされ、今が決まる」
2つともとても共感できる記事でした→
小説みたいだよな。。 /
グルーヴ感のある文章で一気に読みました。
文:勝見 明氏
今回の出来事は、何十年の歴史の一場面でしかない。それで人物を評価するのは浅はか。
「鈴木氏の思考法の大きな特徴は、常に未来に起点を置いて発想することにある。」
「鈴木氏本人から「私以上に私を知っている」と評されたこともある。」リップサービスじゃないのかな。わからないけど /
これが本当の理由だったとすれば、セブンの未来は大きく違ってくる
本当ならばね
/
一番しっくり来た。『オレのコンビニ』やる時間があれば面白かったのに。|
「未来が過去を決定し、現在を生成する」「過去が今を決めるのではなく、未来というものを置くことによって、過去が意味づけされ、今が決まる」
@Pre_Online

「過去が今を決めるのではなく、未来というものを置くことによって、過去が意味づけされ、今が決まる」というのは成功哲学における基本的考え方ですね。
革新者の思考。「過去や現在の延長線上で考えるのではなく、未来に目を向けて、可能性やあるべき姿を見いだしたら、そこから顧みて過去や現在を否定し、目の前の壁を打破して、実現していく」
/
数十回も取材し、良い点ばかり書いていたら、今まで書いたことを否定するようなことは書けなくなるよね。 / 子会社のセブン-イレブン社長人事をめぐり大混乱:PRESIDENT Onl…”
◤騒動がどうとかより、鈴木さんの考え方を知れる記事。
鈴木氏は、顧客にとって本当に好ましければ、イオンと合併しても構わないと幹部に話したことがあるらしい。あらゆる可能性を考え、顧客の視点で未来から発想しいるのだ。
この記者の目は多少提灯感があるが、私が受けた印象も同じだった。>  「未来に起点を置く」という発想
「今どんなに売れている商品であっても、満足のいくレベルに達していなければ、「売れれば売れるほど、セブン-イレブンの商品はこんなレベルかと失望される」と、その商品を店頭から即刻撤去させ、ゼロからのつくり直しを指示する」
「本当の理由」
確かに震える記事です。。。
「鈴木氏の発想からしても、世襲などをするはずはない」となぜ言い切れるのか。人間は老いるものだし、いずれ後継者に譲らねばならないのは真理。「天才は失敗しない」というのは信仰でしかない。
イトーヨーカ堂の不振は部下の責任してる時点で終わってる。会見は未練たらたらだし。
未来というものを置くことによって、過去が意味づけされ、今が決まる
鈴木さんが見ている未来志向経営について、次世代への承継が出来なかったのは、大きな痛手になるかな。ここ5年間でどちらが正しいかわかるね。 / 子会社のセブン-イレブン社長人事をめぐ…”
「「世襲」云々・・・鈴木氏の発想の仕方からしても、世襲などという「自分の都合」を優先するはずはない。それは、本人の生き方にかかわる問題だ。」  
と言うことを否定されたんでしょ??
自分より大きなものを、人は自分の常識を越えて見ることは出来ません。
過去に拘る。
「過去が今を決めるのではなく、未来というものを置くことによって、過去が意味づけされ、今が決まる」
それでもなお、高齢のカリスマは退席するのが良かったのだと思う。会社がどうなろうと、それは次の世代が自らの責任と判断で切り開くものだろう。 →
「未来に起点を置く」
こういう発想をしているのか…世間は色々と好き勝手に騒いだが、非凡の方の発想、決断に至った思考の深さは凡人に到底分かるはずがない。勉強になる良記事でした
彼の言う、資本と経営の分離の意味が全然分からない。経営は聖人がするものですか?晩節を汚したとしかみえない。退任記者会見が全て。あれに誤解もへったくれもない。
鈴木提灯本で稼いできたライターが理屈をこねても「世襲などという「自分の都合」を優先するはずはない」で説得力ゼロ。何の実績もない息子をHDの取締役にした事実は無視。もう稼げなくてご愁傷様。
ヨーカドーとかお荷物でしかないのにな笑。
そりゃあれだけの人なのでこゆ記者も多いだろからねぇ→
今まですべてを信任してきたはずの創業オーナーが「NO」を突きつけた。本当に人を見る目があるのは創業オーナーなのかもしれない。
「世間の常識」は常に過去の延長線上で考えるものだ… 自分の息子を関連会社の社長に抜擢して墓穴を掘ったナー
「顧客が求めているのは、セブン-イレブンの店頭に並ぶより良い商品であって、「5期連続最高益を達成した社長」ではない。」
内紛なんて夫婦仲と一緒で他人が外から見てもその1割もわからない。ましてこの人のような希代の経営者にはずっと深い理由がある、という事の一端が垣間見られる良文
「未来に起点を置く」という発想は、過去や現在の延長線上でものごとを考える人々からはなかなか理解されず、その都度、周囲から猛反対にあう。
今までの栄光よりも、ファミマの追い上げをかわせる未来を見てみたかった。
昨日もっとも読まれた記事はこちらです。勝見明氏のコラム→
昨日もっとも読まれた記事はこちらです。勝見明氏が、真相を分析→
ご本人ではないので真意は判りませんが、筋は通っていると思います。
勝見明 なぜ鈴木敏文氏は世間から誤解されるのか 未来が今を決める セブン&アイ会長辞任の「本当の理由」
この文章が証明しているのは鈴木氏がカリスマ・マーケティングリーダーであること。経営者が自らの信念について株主に説明責任を果たせなかったのは経営者の落ち度。
なぜ鈴木氏が徹底的な顧客志向だったのに、その傘下の社員は顧客志向ではなく、上の顔色をみていたのか?
会社はカリスマ1人だけでは経営できないんだなと。

@Pre_Online
いろんな経営書を読んでいると「顧客目線で考えない企業に成長はない」ことをすごく感じる。いつも顧客目線から考えてる企業に投資したいな!>
Pre_Onlineより

未来を起点に現在やるべきことを考える、5期連続増益であっても未来に繋がらなければ変える、私はリスペクトします〜
セブンのお家騒動は興味深いなぁ。
仕事に対しては、厳しいかたなんですね。場合によってはカムバックコールあるかもですね。不況の状態は、闇ですからね。
いいな、こういう記事。自分の認識もこれに近い。【 】
徹底的に「会社の都合」は否定されなければならないという信念を持つ鈴木氏が、いわんや世襲などという「自分の都合」を優先するはずがない。←これが真実かも
セブン関連著作の多い勝見明さんのコラム。この辺なんだろうな>
ハイデガーの
「未来に起点を置く」
を実践すること。

受験においても人生に置いても
「今の自分から考えない」
これが自分を大きく成長させるためには重要だと感じる。
子会社のセブン-イレブン社長人事をめぐり大混乱:PRESIDENT Online - プレジデント” (3 users)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR