TOP > その他のニュース > 天才か、ほら吹きか。資本主義の先を目指す男【1】 -対談:メタップス社長 佐藤航陽×田原総一朗 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

天才か、ほら吹きか。資本主義の先を目指す男【1】 -対談:メタップス社長 佐藤航陽×田原総一朗 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

世界8拠点でインターネット事業を手掛ける佐藤航陽氏。そのビジネスの先に見据えるのは「テクノロジーで社会を変える」という考えだ。...

ツイッターのコメント(24)

ここまできたら流石に、どちらか分かるよな❓
- 田原総一朗の「次代への遺言」 (PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾)
メタップス(6172)の社長の話をネットで何個か読み、メタップスのHPを見た時にこの銘柄は買わなきゃと思いました。 (出所:PRESIDENT Online)10月の急騰で銘柄は知っていましたが、その時調べていず、悔しい思いをしてます
佐藤航陽×田原総一朗:PRESIDENT Online - プレジデント

ほら吹きでしたーww
佐藤さんでも「テレアポ営業で軌道にのるまで3年はかかりましたね」ってちょっとビックリ。そういった事を経験していない印象だったから
佐藤さん(@metaps_sato )、話しがわかりやすい/ 田原総一朗の「次代への遺言」
天才か、ほら吹きか。資本主義の先を目指す男【1】 佐藤航陽×田原総一朗/「パレートの法則」とは恐れ入りました。
Pre_Onlineより
この写真なんかおもろいな笑
【プレジデント】対談:メタップス社長 ガラケー向けもやっていたのですが、事業を売却して1億円をつくり、シンガポールで新たにスマートフォン向けビジネスを展開。中国は政治リスク。そこでシンガポールを選びました。
"従来の資本主義の仕組みの中で生きる人もいれば、まったく違う経済システムの中で生きる人もいる。この100年は、その比較検討の時代じゃないでしょうか。"
結局この業界のビジネスはプラットフォームを取れるかが肝だと思う。
田原総一郎さんが聞きたいことを聞いてくれている笑 この対談楽しみ⭐️ →
メタップスの佐藤さんでもこういう時があったのか・・・

最初は仕事がないから、「ホームページつくりませんか」と1日300件くらい営業の電話をしていました。軌道に乗るまで3年くらいかかりましたね。
能力とか経験、学歴なんて関係ない、今からどれだけ努力するかが大事、と思える良記事‼︎
おもしろい対談!
どのマーケットで勝負するのか参考にしてください。
田原の総ちゃんは、知ったかしないで、分からないことを素直に質問できるところがさすがやで
"プログラミングは3カ月でマスターしたのですが、最初は仕事がないから、「ホームページつくりませんか」と1日300件くらい営業の電話をしていました。軌道に乗るまで3年くらいかかりましたね。"
天才か、ほら吹きか。資本主義の先を目指す…
いいタイトル笑
もともとの頭もいいんだろうけど、何より知識に貪欲なんだろうな。甘くない。
こういう一般の人からはわかりづらい事業はどうしても株価はつきづらいから大変だろうな。 / - 田原総一朗の...
- 田原総一朗の「次代への遺言」 世界8拠点でインターネット事業
以上
 

いま話題のニュース

PR